「hook up」の意味、また「hook up」というスラングの使い方 

  
hookの意味とは

元々の「hook up」は、二つの物を接続するという意味になりますが、このフレーズをスラングとして使う場合は、全く違う意味になります。何故なら、性的な関係を示すフレーズになるからです。

hook upの意味と使い方

「hook up」はとても曖昧な言葉で、「キスをする」、「イチャイチャする」、「セックスをする」という三つの意味があります。そのため、わざと曖昧に情報を伝えたい時に、「hook up」がよく使われています。

hook upの例文


(皆さんが英語の発音練習が出来るように、例文を読み上げて、録音しました。録音したファイルは以下にあります。)

1.I hooked up my PlayStation to the TV.
僕はテレビにプレステを繋いだ。

2.I hooked up with her last night.
昨日彼女と何かしたよ。

3.I heard that John and Sally have hooked up.
ジョンとサリーがイチャついてたって聞いたよ。

hook upは誰に対して使えますか?

友達と喋っている時には曖昧な「hook up」が役に立つと思いますが、これは少し下品な言葉なので、友達だけに使ったほうがいいでしょう。


記事の著者:ルーク

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。僕はアメリカとイギリスのハーフで、現在東京で翻訳の仕事をしています。生まれてから13年間をイギリスで過ごし、アメリカに越して11年間生活をした後日本に来ました。イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。日本人の人柄と和食、そして日本語が好きなのでまだまだ日本にいるつもりです! 著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。皆さん、これからもよろしくお願いします。 新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

スラング 英会話のガイド

コメント

コメントをどうぞ

*