「fair’s fair」という表現の意味と使い方

  

「fair’s fair」や「fair is fair」というフレーズはどう意味でしょうか。相手に「この行動が公平だよ」ということを説得したい時に「fair’s fair」というフレーズがぴったりです。例えば、前回友達に食事をおごります。そして、今回自分に食事をおごってもらいたい場合は「fair’s fair」というフレーズを使います。「It’s only fair」という表現には似ている意味があります。


(皆さんが英語の発音練習が出来るように、例文を読み上げて、録音しました。録音したファイルは以下にあります。)

Fair’s fair. I bought dinner last time.
それは公平だよ。こんあいだ、僕はご飯をおごったよ。

Fair’s fair. It’s my turn now.
これは公平ですよ。今は私の番だよ。

著者のLukeについてのページはこちらです。 著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』、『この英語、どう違う?』、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』(13万部突破!)があります。

人気の記事

Lukeについて

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。僕はアメリカとイギリスのハーフで、現在東京で翻訳の仕事をしています。生まれてから13年間をイギリスで過ごし、アメリカに越して11年間生活をした後日本に来ました。イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。日本人の人柄と和食、そして日本語が好きなのでまだまだ日本にいるつもりです!皆さんこれからもよろしくお願いします。 新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

スラング 英会話のガイド

コメント

  • MIHO says:

    はじめまして。みほと言います。
    コメントではなくですいません。
    日本語がペラペラの外国人の方にずっとお聞きしたことがありまして。
    この場を借りてよろしいでしょうか。
    日本語での「切ない」は英語ではどうなるのでしょう?
    「sad」では少し意味が違いますよね。
    お返事いただけると嬉しいです。

コメントをどうぞ