フレーズ

stickyの英語スラング辞典

stickyの意味とは、なぜstickyの解釈の問題で何100人のイギリス人が亡くなったでしょうか

本来、sticky は「ネバネバする」や「べたつく」という意味になります。例えば、図工でノリを使った子供は、よく指が sticky になりますね。また、シナモンなどが入っていてベタベタしている sticky bun という菓子パンもあります。sticky は形容詞で、「貼り付ける」を意味する動詞 stick に由来しています。貼り付くものは、ベタベタしている、つまり sticky な場合が多いでしょう。

スラング辞典

kiddingの意味と6つの使い方

僕は人と話している際に、思ったことをそのまま口に出してしまい、相手の気分を害してしまうことがたまにあります。そして、やばい!と思い後悔して、言ったことを撤回したくなるのですが、このようなことが起きてしまった場合は kidding という英語をよく使います。 kidding は「子供」を意味する kid に由来しているのではなく、「冗談を言う」や「からかう」を意味する kid に由来します。日常会話で kidding は前言撤回する際だけではなく、様々な場面で使えるので、今日はこの英語を教えたいと思います。

フレーズ

biteを使った英語表現、天気、スラング、その他のフレーズを教えます

僕はよく「蚊に噛まれた」と言ってしまうのですが、東京育ちの日本人の友人達は「蚊に刺された」と言います。僕が「蚊に噛まれた」と言うのは、関西にいたからとかではなく、蚊に刺された際に英語では「bitten by a mosquito」と言うからです。この bite という英語は、噛むという意味だけではなく、性格、天気、スラングなど、様々な使い方があります。

フレーズ

3つの口癖を使ってネイティブのように話そう

皆さんは、自分の口癖を意識したことがありますか?僕は、日本語を話す時に変な口癖が多いと友人に指摘されたことがありますが、自分ではまったく気付いていませんでした。口癖は悪いことだと思う人もいるようですが、英語を話す際に口癖があると、ネイティブっぽい喋り方になると思います。今回、ネイティブがよく使う3つの口癖を紹介します。

フレーズ

ワンス・アポン・ア・タイムってどんな意味?

皆さんは、昨年5月末から東京ディズニーランドで行われている「ワンス・アポン・ア・タイム」というエンターテインメントショーを見たことがありますか?これは、シンデレラ城にディズニー映画の様々なシーンなどが立体的に映し出され、レーザーや花火、音楽などの演出とともに目と耳で楽しむものとなっています。今の時期はスペシャルウィンターエディションとして、アナとエルサのフローズンファンタジーが開催されているので、より多くの人で賑わっているのではないでしょうか。

dopeの意味と使い方 - a dope carフレーズ

すみませんは英語で何という? ー excuse me 以外の表現を使ってみよう

皆さんは、満員電車で降りたい時や人ごみを通るときなど、周囲の人に何と声をかけますか?僕はとっさに「失敬!」と言ってしまうことがよくあります。新潟に住んでいた頃、居酒屋でよく会うおじいさんが「失敬失敬」と言っていて、この日本語格好良いなと思ったのがきっかけなのですが、僕が「失敬」と言うとだいたいの日本人には笑われます。