「rock on」の意味と使い方、ロック音楽が好きな人の挨拶、別れの挨拶、褒め言葉

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。


「rock on」は挨拶、別れの挨拶、褒め言葉として使われています。「rock on」はロック音楽が好きな「rockers」の間で使われているフレーズでした。本来の意味は「keep rocking ー 「ロックなことを続けてね」です。現在、「rock on」はアメリカ人やイギリスでは一般に使っています。
挨拶の「rock on」は「rock on」の手振りと一緒によくします。この手振りは写真にある手振りです。挨拶の「rock on」は「hello」や「hi」の意味とそれほど変わりません。

Rock on!
よぅ。

また、「rock on」は別れる時にも使えます。この時には、「rock on」は「元気に過ごしてね」という意味に近いです。

See you, man. Rock on!
じゃあね。元気でね!

最後に、何かをすごいと思った時にも「rock on」が使えます。この「rock on」は「cool」に似ています。

Rock on!
すげー!

ちなみに、日本人がよく使う「ロックオン」は英語の「rock on」ではなく、「lock on」に由来します。

6 件のコメント

  • Lukeさん。。。
    メロイック(綴り不明…)サインですか?
    私はHR/HM大好きなので、ある意味中指立てるより
    こっちのジェスチャーの方がwooohooo!というかんじがします(*^ω^*)
    AFLも”Hook ’em Horns”なんてありますし。
    LFLはわかりませんが(汗; たぶんアメリカ人なら”Hook ’em Horns”は
    していますね。ランジェリーフットボールリーグですよ!
    あと、絵本のハラペコ青虫が好きなジョージブッシュ前大統領の
    ご息女もしていましたね。娘、くだけすぎ。
    どうでもいい話ですが、W Axl. Roseが観客に向かって
    中指立てていたのは「さすが、アクセル!」と思いますね。
    いくつになってもロックですわ。
    Spirit of youthですね。はぁぁぁ~、年とったわ~(´・ω・)

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    ABOUTこの記事をかいた人

    こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。