「bloody hell」の意味と使い方

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

「bloody hell」というフレーズは、何か悪い事が起きた時に使います。これは、「しまった」や「やれやれ」というような意味になります。
例えば、大きな事故が起きた時にもこのフレーズが使えます。なので、事故を目撃した時やビールをこぼした時など、様々な場面でこのフレーズを使う事が出来ます。

(皆さんが英語の発音練習が出来るように、例文を読み上げて、録音しました。録音したファイルは以下にあります。)

1.Bloody hell! Did you see that?
ヤバい!今の見た?
(事故を目撃した時)

2.Bloody hell! I just burnt the toast again.
しまった!またトーストを焦がしちゃったよ。

また、「bloody hell」は怒っている時にも使えます。大体そのような場合は、侮辱や熱弁を語り始める為に「bloody hell」を使います。

3.Bloody hell! You are such an idiot!
あなたは本当に馬鹿ね!

4.Bloody hell! I am just totally fed up with your behavior!
もう限界だ!君の行動にはうんざりだよ!

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

2 件のコメント

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *