YOLOの意味とは ハリウッドスターが手に彫ったタトゥーのスラング

  

YOLOはyou only live once の略で、「人生は一度きり」という意味になります。このフレーズは当たり前の事ですが、当たり前すぎて日々の生活を重ねる中でついつい忘れがちになってしまいますよね。ある時、ヒッピホップ音楽でYOLOというフレーズは人気になりました。ザック・エフロンは手にこの文字を彫り、様々な曲の中にもこのスラングが登場します。

YOLOはネット用語よりも日常会話で使われています。そして一文字ずつではなく、yo-lowというように単語として発音します。YOLOはよく、文章の意味を強調するために使われます。

Let’s skip school and go to the beach today. YOLO!
今日は学校なんかサボって海に行こうよ。人生は一度っきりだしね!

YOLO! Come on. You should go skydiving with me.
一度しかない人生!一緒にスカイダイビングしに行こうぜ。

また、YOLOは形容詞としても使えます。

Today was so YOLO!
今日はすごく充実してたね!

ちなみに、フォーマルな英語で「人生は一度きり」と言いたい場合は、carpe diemもしくはseize the dayというフレーズが適切でしょう。

著者のLukeについてのページはこちらです。 11月に「さすが! 」は英語でなんと言う? という新しい本が出版されます! 

人気の記事

Lukeについて

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。僕はアメリカとイギリスのハーフで、現在東京で翻訳の仕事をしています。生まれてから13年間をイギリスで過ごし、アメリカに越して11年間生活をした後日本に来ました。イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。日本人の人柄と和食、そして日本語が好きなのでまだまだ日本にいるつもりです!皆さんこれからもよろしくお願いします。 新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

スラング 英会話のガイド

コメント

  • いが says:

    初めまして。
    私は英語に興味があり、日々勉強中の者です。
    最近、ルークさんのブログを知り、活用させて頂いています。
    日本人には難しい、単語のニュアンスの違いなど、とても勉強になります。
    毎日更新を楽しみにしています。
    ルークさんの日本語の堪能さにも驚きです。
    私もルークさんの日本語くらい、英語が出来るようになりたいです。
    そこで日本語がお上手なルークさんに一つ、教えて頂きたいのですが、sympathyとempathyの違いは何でしょうか。
    自分なりに調べましたが、いまいち分かりませんでした。
    ネイティブの方は、どうやって使い分けているのでしょうか?
    どちらも「共感する」という意味合いだと思うのですが、いまいち違いがピンときません。
    もしお時間あれば、ぜひ教えてください。お願い致します。

    • Luke says:

      sympathyとempathyの違いですか?それはいい質問ですね。少し考えさせてください。そして時間があったら記事を書いてみます。

  • Yumiko says:

    こんにちは。
    初めてコメントします。Lukeさんのブログをたまたま見つけて、楽しく拝見しています。

    YOLO!いい言葉ですね。
    今度使ってみます♪

  • いかがでしょうか? says:

    sympathy – 同情 (person who has normal state of emotion feels bad about the person who’s saddened or in a situation of misery etc. i.e. people hit by a disaster, people from the country in civil war)

    empathy – 共感 (person who has normal state of emotion agrees with the opinion of a person who’s also also in a normal state emotionally and making certain assertion or statement by act or with words. i.e. supporting gay-lesbian marriage, anti-bullying, etc.)

コメントをどうぞ