「eureka」の意味と使い方、いいアイディアがある時に使える英語

  

古代ギリシャでは、金の偽造の問題がありました。ギリシアの市場で本物の金のアクセサリーを買おうとして、巧妙な偽造の金のアクセサリーを買わされてしまうということが多発していました。王様も自分の冠は偽造の金ではないかと疑いました。

シラクサという市に住んでいたアルキメデスという優秀な科学者はこの問題をどのように解決すればいいのかを懸命に考えました。そして、ある日、お風呂に入った時に、彼の体の容積によって、お風呂の水位が上がることに気づきました。その瞬間、アルキメデスは偽造の問題が解決できると閃きました。彼は「Eureka!」という「見つけた」を意味する感動詞を叫んで、お風呂から上がって、あまりにも喜んでいて、そのまま裸でシラクサの道を走り回っていました。アルキメデスは冠の重さと容積を量って金の割合を調べました。残念なことに冠は純金ではありませんでした。


英語圏のネイティブは、子供の頃にこの話を学校で学ぶので、いいアイディアがある時や何かを発見した時に、英語のネイティブは「Eureka!」と叫びます。ギリシア語の「eureka」の発音は珍しくて面白いので、うまく自分の喜びを伝える感動詞です。科学者が何かを発明した時だけではなく、誰でも何でもいいアイディアがある時に、「Eureka!」と叫ぶことができます。

カリフォルニア州は「eureka」に強い関係があります。19世紀に、カリフォルニア州でゴールドラッシュがありました。そして、「eureka」という台詞はそのゴールドラッシュの象徴になりました。現在は、カリフォルニア州には、「Eureka」という市があります。また、カリフォルニア州の公式印には、「Eureka」が書いてあります。

最近「a eureka moment」というフレーズが流行っています。「a eureka moment」は今まで全く出来なかったことや全く理解できなかったことを突然できるようになる瞬間のことです。たとえば、とても難しい謎掛けやパズルが突然できるようになったときは、「a eureka moment」と言います。「the Aha! effect」とも言えます。日本語でも、「アハ体験」とも言えますね。英語での「eureka moment」についての記事です。

著者のLukeについてのページはこちらです。 著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』、『この英語、どう違う?』、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』(13万部突破!)があります。

人気の記事

Lukeについて

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。僕はアメリカとイギリスのハーフで、現在東京で翻訳の仕事をしています。生まれてから13年間をイギリスで過ごし、アメリカに越して11年間生活をした後日本に来ました。イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。日本人の人柄と和食、そして日本語が好きなのでまだまだ日本にいるつもりです!皆さんこれからもよろしくお願いします。 新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

スラング 英会話のガイド

コメント

  • ひゅーまん says:

    dear lukeさん
    hi, first time to comment here despite the fact that i’ve been checking out your site for quite a long time, i’m a bit nervous.lol
    anyways, could you teach me how you pronounce this Eureka word?
    does it go like ユーリカ or エウレカ,or something else different from both of them?

    thank you&best regards,

  • こた says:

    最近の映画、インターステラーでもでてきましたね、ユーリカ。ところでa eureka moment、ですが、冠詞がanにならないのはどうしてなんでしょう。

コメントをどうぞ