「gee」の意味と使い方 – なぜ「gee」は少女時代 の曲の題名になったのでしょうか

  

「Gee」は「Girl’s Generation」という流行っている韓国の歌手グループの曲ですが、「gee」とはどういう意味なのでしょうか?

「gee」は英語の間投詞で、驚いたよ、興奮しているよという意味で使われています。「gee」は19世紀のアメリカで使われ始めました。当時は、「Jesus!」という間投詞が使われましたが、多くのキリスト教徒はこの使い方を認めず、神への冒涜だと思われました。それで、「gee」という丁寧な言い方が使われるようになりました。「Jesus」と同じような時に使えるけど、「Jesus」のように人を怒らせませんでした。「gee」はアメリカでまだ使われていますが、現在少し古風なイメージがあります。僕のお祖父さんはよく「gee」を使っていました。なぜこの古風な言葉が流行歌の題名になったのでしょうか。Wikipediaによると、「gee」はEomeona!という韓国語の間投詞に似ています。


(皆さんが英語の発音練習が出来るように、例文を読み上げて、録音しました。録音したファイルは以下にあります。)

Gee, you frightened me!
わぁ、びっくりした。

驚いた時だけではなく、「興奮しているよ」、「同情するよ」という意味でも使われています。

Gee, are you okay? You don’t look so good.
ねえ、大丈夫? 元気無いね。

Gee, I can’t wait to go to Disney World today!
わぁ、今日ディズニーワールドを楽しみにしているね!

著者のLukeについてのページはこちらです。 著書に「カジュアル系英語のトリセツ」があります。

人気の記事

Lukeについて

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。僕はアメリカとイギリスのハーフで、現在東京で翻訳の仕事をしています。生まれてから13年間をイギリスで過ごし、アメリカに越して11年間生活をした後日本に来ました。イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。日本人の人柄と和食、そして日本語が好きなのでまだまだ日本にいるつもりです!皆さんこれからもよろしくお願いします。 新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

スラング 英会話のガイド

コメント

コメントをどうぞ