「mist」と「fog」の意味、使い方、違い — 霧は英語でなんでしょうか

  

霧は英語で「fog」や「mist」と言います。「fog」と「mist」には同じ意味があるのでしょうか。「fog」は「mist」より濃くて、周りを見るのがとても難しいです。多くの場合、「mist」は朝に出てきて、すぐに晴れてきます。「mist」と「fog」の使い方をみてみましょう。

(皆さんが英語の発音練習が出来るように、例文を読み上げて、録音しました。録音したファイルは以下にあります。)

霧が晴れてきた。
The fog has cleared.
The mist has cleared.


また、「霧がかかっている」を英語にすると、形容詞の「misty」と「foggy」を使います。

今朝は霧がかかっている。
Today is a misty morning.
Today is a foggy morning.

霧が出てきた。
It has become foggy.
It has become misty.

霧で何も見えない。
I can’t see anything because of the fog.
I can’t see anything because of the mist.

著者のLukeについてのページはこちらです。 著書に「カジュアル系英語のトリセツ」があります。

人気の記事

Lukeについて

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。僕はアメリカとイギリスのハーフで、現在東京で翻訳の仕事をしています。生まれてから13年間をイギリスで過ごし、アメリカに越して11年間生活をした後日本に来ました。イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。日本人の人柄と和食、そして日本語が好きなのでまだまだ日本にいるつもりです!皆さんこれからもよろしくお願いします。 新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

スラング 英会話のガイド

コメントをどうぞ