Oxford “-er”の意味と使い方 − イギリスの上流階級で生まれたスラング

  

英語のスラングの多くは、ヒップホップの文化やアメリカの若者の間から生まれたものですが、実はイギリスの上流階級の人々から生まれたスラングも沢山あります。その中でも有名なスラングのひとつは、Oxford “-er”と呼ばれているものです。これは、「オックスフォード大学のer音」という意味なのですが、昔からイギリスの上流階級の人々は様々な単語に er か ers を付ける癖がありました。このスラングは特にオックスフォード大学で使われているので Oxford “-er” と呼ばれています。Oxford “-er” の使い方は、最後の音を取り er か ers を付けるだけです。

David Beckham – > Beck – > Beckers

Oxford “-er” と呼ばれていますが、実際は上記のようにほとんどの場合 er ではなく、ersを付けます。しかしスポーツの場合は、er になります。

現在イギリスの首相は David Cameron ですので、Oxford “-er” で表すと首相の名前は Camers になります。同様に、Britney Spears は Britters、David Beckham は Beckers になります。

上記のような人名の Oxford “-er” は、よくイギリスの新聞で目にします。


この Oxford “-er” は、文字通りよくオックスフォード大学で使われています。たとえばオックスフォード大学の図書館は
the Bodlehian library といいますが、学生たちはよく Boddersと呼びます。そして
Jesus College というオックスフォード大学のカレッジは Jeggers になります。

イギリスでよく使われているその他の Oxford “-er”

朝ご飯:breakfast = brekkers
シャンパン:champagne = shampers

スポーツに関する the Oxford “er”

上記の例では、ers を付けていますが、スポーツの場合 er を付けます。

バドミントン:badminton = badder
ラグビー:rugby = rugger

実は日本人は日常的にOxford “-er” の単語を使っています。それは「サッカー」という単語です。

サッカーのフォーマルな英語は、「協会式フットボール」を意味する association football なのですが、その association から soc を取り er を付けたものが、soccer になります。

イギリス人は現在 soccer ではなくfootball と呼ぶので、footerというスラングもよく耳にします。

Oxford “-er” は友人の名前に er を付け、ニックネームにする使い方もあるので、是非皆さんも使ってみて下さいね。たとえば、田中さんは Tanakers になり、一郎くんは Ichers になります。ちなみに僕は Lukers になりますが、イギリスで生活してた頃はなぜかそう呼ばれるのがあまり好きではありませんでした。 

著者のLukeについてのページはこちらです。 11月に「さすが! 」は英語でなんと言う? という新しい本が出版されます! 

人気の記事

Lukeについて

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。僕はアメリカとイギリスのハーフで、現在東京で翻訳の仕事をしています。生まれてから13年間をイギリスで過ごし、アメリカに越して11年間生活をした後日本に来ました。イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。日本人の人柄と和食、そして日本語が好きなのでまだまだ日本にいるつもりです!皆さんこれからもよろしくお願いします。 新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

スラング 英会話のガイド

コメント

コメントをどうぞ