CATEGORY 翻訳

なぜ日本の厚生労働省はイギリススペルのMinistry of Health, Labour and Welfareになるでしょうか

僕は日本に来て割とすぐに、日本では多くの場合アメリカ英語を使っていると気付きました。日本の政府や会社が書類などを英語にする場合や、学校の教材など、様々な場面においてアメリカ英語を使っている場合が主でしょう。しかし、最近気になっているのは、厚生労働省の英語での表記が、Ministry of Health, Labour and Welfareだということです。labourはイギリス英語のスペルで、アメリカ英語だと labor になります。labour・laborは「労働」という意味で、アメリカ合衆国労働省は、United States Department of Laborです。

頑張るや頑張ってを英語で完璧に使いこなすための20フレーズ

日本にいると、24時間どこかで「頑張って」や「頑張る」という言葉が使われているのではないかと思うくらい、日々これらの言葉を耳にします。ソチオリンピックが開催されている今、普段よりも使われる頻度が高くなっているのではないでしょうか。今日は、そんな「頑張る」や「頑張って」を英語で言うにはどうすれば良いのかを説明したいと思います。

What’s going on? の意味とは ー この曖昧なフレーズにネイティブはどう答えるのでしょうか

what’s going on?とは「あなたは今何をしているの」という意味になり、アメリカ人は友達と会った時によくこのフレーズを使います。皆さんの中で、このフレーズはhelloやhiのような挨拶なのか、それとも「今何しているの?」という質問なのかどうかで迷い、答えるのが難しいと感じたことのある方もいるのではないでしょうか。

様々な英語で「懐かしい」を表現しよう

「懐かしい」はとても便利な日本語だと思います。昔の思い出が蘇った時など、この単語1つでその感情を表現出来ます。英語では、「懐かしい」という感情を日本語ほど簡単に表すことは出来ません。「懐かしい」には、切なさや嬉しさや安心感など、その時々により様々な感情が入り交じっていますね。ですので、 懐かしさは言葉できちんと言い表せない、とても不思議な感情だと思っているネイティブが多いと思います。しかし、「懐かしい」は、ネイティブにより、その時々の感情によって、様々な英語で代用されているでしょう。

窓口は英語で何というでしょうか ー 訳しにくいビジネス英語

先日、仕事で「窓口」という単語を訳そうとした時、なかなか難しいことに気付きました。この「窓口」という単語は、電話の窓口も受け付けの窓口も両方表しますが、英語では似ている単語がないのです。日本人は、たまに「window」や「window mouth」と訳すことがありますが、ネイティブにとって「window」はただの窓で、「window mouth」だとちんぷんかんぷんです。

設定は英語で何というでしょうか - 海外の機械を操作するならまずはこの英語から

英語圏に引っ越した人や、英語表示の機械などを使いたい人は、「設定」は英語で何というのかをすぐに知りたいと思います。例えば、テレビの設定を変えたい時、英語ばかりのリモコンを見たら、「設定ボタンはどれだろう?」となってしまいますよね。僕が日本に来て割と早い段階で設定という単語を覚えられたのは、きっと機械が好きだからです。