ボキャブラリー

動物に関しての英語  Animal English

marsupial 有袋類ユウタイルイ ゆうたいるい mammal 哺乳類 ほにゅうるい reptile 爬虫類 はちゅうるい amphibians 両生類 りょうせいるい rabbit rabbit 兎 うさぎ fawn 小鹿 こじか hippopotamus カバ; Crocidile 鰐 ; わに ; tadpole オタマジャクシ foal 子馬コウマ こうま another name for a frog かわず guniea pig モルモット Japanese badger 狸タヌキ たぬき goat ヤギ zebra シマウマ lion ライオン sea turtle 海亀ウミガメ ウミガメ seal アザラシ hedgehog ハリネズミ rhino 犀サイ サイ boar…

「behind」と「back of」の違い

誤 We were standing at the back of three tall men. 正 We were standing behind three tall men. 皆さん、どうして一番目の文章が正しくないでしょうか?  これはなかなか難しい質問だと思います。 まず、以下の文章をよく見てください。 Sit in the back of the car  車の後部座席に座る (車の中) Sit behind the car  車の後ろに座る (車の外) Please go to the back of the line. 列の一番後ろに行ってください。 Please go behind the line. 線の後ろに行ってください。 Back of a building   ビルの裏手 Behind a…

Asとlikeの違い

Asとlikeはどういうふうに違うのでしょうか。  「Like」は「similarity 類似、共通点」を表現します。 「As」 は「のように」や「のとおりに」を表現します。 「As」は「like」よりもっとフォーマルな言葉です。 例えば、「things were just like I remembered them to be」より「things were just as I remembered them to be」という文章のほうがフォーマルです。 むしろ、通常の会話ではlikeのほうが使われています。 Like Likeを使う文章の構成は通常は 名詞+動詞+like+名詞 名詞+動詞+like+名詞 He acts like an idiot. 彼は馬鹿みたいな行動をする。 名詞+動詞+like+名詞 She sings like an angel. 彼女は天使のように歌う。 As As を使う文章の構成は通常は 名詞+動詞+as+やり方 He is free as a bird. 彼は鳥のように自由だ。 He is as happy as…

Catch upの意味

まず「catch up」の基本的な意味に集中しましょう。 それは「追いつく」 という意味です。これについては説明する必要はないと思います。この言葉 はよくスポーツ番組で使われています。例えば、ランニングの場合、以下の ような英語をよく聞きます。 1. She’s suddenly picked up her pace now, and I think she’s going to catch up with the runner ahead. 彼女はペースを上げたから、前のランナーに追いつくと思う。 久しぶりという意味でも「catch up」を使えます。このイディオムはよく英文レターに出てきます。 2. Hey John, we’ve got a lot to catch up on. ハロージョン、久しぶりに会ったから、話したいことが沢山あるよ。 昔、よく会っていた友達同士が、いつから連絡を取らなくなり、交流が途絶 えてしまいました。知らない状況です。会った時などに、このイディオムはぴったりです。 日本語に当てはめると、「久しぶりに語り合おうよ」という意味になりま す。 「私はいろいろあって、あなたにもいろいろあったでしょうから、 いつか話したいですね」という感じです。似ている英語だと, 「it’s been a while」、「long time, no see」,「it’s been ages」が適切だと思います。 この表現は以前頻繁に連絡を取りあっていた友達に対してしか使えません。…

catch up to/catch up with/caught up inの使い分けと違い

以前、 「catch up」という言葉に見てきましたけど、今回、「in」、「with」と「to」を付けた時、 意味がどういうふうに変わるのかを話題にします。 「catch up to」と「catch up with」 という表現は似ているし、よく置き換えが出来るけど、 使い方は必ずしも同じではありません。 例えば、「catch up to」はよく基準やレベルと関わっています。ここでは、「to」という前置詞はより確定した目的点 を示唆しています。 I think it will take a long time for China to catch up to Japan’s level of industrialization. 中国が日本の産業化のレベルに追いつくには長い時間がかかると思います 一方、「with」という前置詞は、「肩を並べる」というニュアンスをもう少し強調しています。 The company caught up with its competitors very quickly. その会社は競争相手に速く追いついた。  警察や探偵はよく「catch up with」と「catch up to」を使います。この場合の意味は 長い時間犯罪者を追跡して、結局捕まえます。 The police finally caught…

meet up の意味と使い方: 誰かと会いたい時に使う動詞

meet up の意味:「 人と会う 」 meet up は「 人と会う 」という意味になります。 何の時に meet up を使うのでしょうか。 誰かと会いたい時には、meet upを使って、時間と場所を決めます。 以下に meet up を使った例文を書きます。 We meet up from time to time. 私たちは時折会う。 I’m glad that I met up with you. あなたと会えて嬉しかった。 Let’s meet up for dinner sometime. いつか一緒に夕食を食べにいこう。 現在ネイティブはで以下のようにツイッターで meet up を使っています。