Uncategorized

「いくらなんでも」は英語でなんと言えばいいのでしょうか

いくらなんでもは英語でなんと言えばいいのでしょうか? まず、いくらなんでもについて考えましょう。いくらなんでもを使う時には、後ろに「ない」、「できない」や「すぎる」という言葉が続くケースが多いでしょう。 いくらなんでもの後に「ない」が続く場合は、 否定になります。この場合、強い否定をする時に使う「there is no way」という英語がぴったりです。

「しまった」は英語でなんと言いますか。「bother」の意味と使い方

ネイティブは間違えた時に「bother」というフレーズをよく使います。「bother 」は失礼ではないので、イライラしている時や間違えた時には、毒づくより、この言葉がよいでしょう。「bother」は 欲求不満や自分ががっかりした感じを上手に表します。日本語では、「しまった」が似ているでしょう。 「bother」の発音と英語の説明を聞きたい方は、以下のビデオを見て下さい。 http://youtu.be/oKDXVOcWYFY よりネイティブっぽい英語にしたいと思ったら、「bother 」の前に「oh」を付けて言います。例えば、 Oh, bother! たまに、What a bother! というフレーズを耳にします。 What a bother! しまった。 「bother」は「oh dear」に似ていますが、「oh dear」より欲求不満を表します。「I don’t believe it.」も「bother」と同じ意味で使います。 I don’t believe it! Oh no! Oh dear! しまった。

「千代田区」を英語で書くときはどのように書けば良いのでしょうか ー Chiyoda-kuとChiyoda Wardの使い分け方 

「千代田区」を英語で書く時は、「Chiyoda Ward」や「Chiyoda-ku」というように書くのが一般的です。 使い分け方としては、 荷物や手紙などに必要な住所を書く場合は、「Chiyoda-ku」というように書きます。一方、住所としてではなく、英文の書類やメールなどに書く場合は、「Chiyoda Ward」と書きます。 ネイティブには、「ku」という単語だと意味が分からないので、「区」の意味をきちんと伝えたい場合は「ku」という英訳を避けた方が良いでしょう。しかし、前者のようにただの住所として書く時には、意味より、荷物や手紙などがきちんと場所に届く事の方がもちろん重要ですね。 ちなみに、「千代田区役所」は、千代田区は都市ではないですが、「Chiyoda City Office」ともいいます。千代田区役所のサイトでは、「Chiyoda City Office」が使われています。個人的には、「Chiyoda Ward Office」が良いと思いますね。 しかし実は、英語圏では国によって「ward」の意味が変わってきます。例えば、アメリカやイギリスでは「ward」は選挙区という意味になります。しかし、東京の場合の「ward」は、都市の地区という意味だとネイティブは認識しています。  それでは、住所を書く場合の「千代田区」の使い方を見てみましょう。 1-2-1, Kudanminami Chiyoda-ku Tokyo 102-8688 〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1 ポイント:「ku」を英語で書く時には、「Chiyoda」と「ku」の間にハイフンを入れます。また、「ku」は小文字で書きます。 書類などに「千代田区」や、「区」を書く場合 I had an important meeting at the headquarters in Chiyoda Ward. 千代田区にある本社で、重要な会議がありました。 There are 23 wards in Tokyo. 東京には23の区があります。 The ward of Chiyoda is in Tokyo. 千代田区は東京にあります。 ポイント:「ward」を英語で書く時、「Chiyoda」などの23区に付ける場合は頭文字を大文字で書きます。そうでない場合は頭文字を小文字で書きます。 例: Chiyoda Ward…

「足立区」を英語にする時は、 なんと言えばいいのでしょうか。「Adachi-ku」や「Adachi Ward」の使い方 

「足立区」を英語にする時には、 「Adachi Ward」や「Adachi—ku」と言うことがよくあります。 住所を書く場合は、足立区を「Adachi-ku」というふうに英語にしたほうがいいです。一方で、住所としてではなく、英文の書類やメールなどで書く場合は、「Adachi Ward」と書きます。 ネイティブは「ku」という単語の意味が分からないので、区の意味を強調したい場合は「ku」という英訳を避けたほうがいいです。しかし、住所を書く時には、意味より手紙や包みが場所に届くことのほうが重要です。

「練馬区」を英語にする時は、 なんと言えばいいのでしょうか。「Nerima-ku」や「Nerima Ward」の使い方 

「練馬区」を英語にする時には、 「Nerima Ward」や「Nerima—ku」と言うことがよくあります。 住所を書く場合は、練馬区を「Nerima-ku」というふうに英語にしたほうがいいです。一方で、住所としてではなく、英文の書類やメールなどで書く場合は、「Nerima Ward」と書きます。 ネイティブは「ku」という単語の意味が分からないので、区の意味を強調したい場合は「ku」という英訳を避けたほうがいいです。しかし、住所を書く時には、意味より手紙や包みが場所に届くことのほうが重要です。

「荒川区」を英語にする時は、 なんと言えばいいのでしょうか。「Arakawa-ku」や「Arakawa Ward」の使い方 

「荒川区」を英語にする時には、 「Arakawa Ward」や「Arakawa—ku」と言うことがよくあります。 住所を書く場合は、荒川区を「Arakawa-ku」というふうに英語にしたほうがいいです。一方で、住所としてではなく、英文の書類やメールなどで書く場合は、「Arakawa Ward」と書きます。 ネイティブは「ku」という単語の意味が分からないので、区の意味を強調したい場合は「ku」という英訳を避けたほうがいいです。しかし、住所を書く時には、意味より手紙や包みが場所に届くことのほうが重要です。

「大田区」を英語にする時は、 なんと言えばいいのでしょうか。「Ota-ku」や「Ota Ward」の使い方 

「大田区」を英語にする時には、 「Ota Ward」や「Ota—ku」と言うことがよくあります。 住所を書く場合は、大田区を「Ota-ku」というふうに英語にしたほうがいいです。一方で、住所としてではなく、英文の書類やメールなどで書く場合は、「Ota Ward」と書きます。 ネイティブは「ku」という単語の意味が分からないので、区の意味を強調したい場合は「ku」という英訳を避けたほうがいいです。しかし、住所を書く時には、意味より手紙や包みが場所に届くことのほうが重要です。

「江戸川区」を英語にする時は、 なんと言えばいいのでしょうか。「Edogawa-ku」や「Edogawa Ward」の使い方 

「江戸川区」を英語にする時には、 「Edogawa Ward」や「Edogawa—ku」と言うことがよくあります。 住所を書く場合は、江戸川区を「Edogawa-ku」というふうに英語にしたほうがいいです。一方で、住所としてではなく、英文の書類やメールなどで書く場合は、「Edogawa Ward」と書きます。 ネイティブは「ku」という単語の意味が分からないので、区の意味を強調したい場合は「ku」という英訳を避けたほうがいいです。しかし、住所を書く時には、意味より手紙や包みが場所に届くことのほうが重要です。