英会話

血液型英会話

アメリカ人は血液型を摂取すべき食物と結び付けて考えますが、性格と結び付けて考えることはありません。英語で血液型について話しましょう。

アメリカでは、人々はよく血液型を摂取すべき食物と結び付けて考えます。例えば、もしあなたがO型なら、乳製品と穀物類は避けた方がよいです。血液型によって食事を決めるのは変だと感じるかもしれませんが、説明としては、O型は最も古くから存在する血液型ですので、O型の人々の体は人類の食事として登場して比較的まだ新しい乳製品や穀物類に順応していないというものです。A型の人々は肉類の摂取やフルーツ類、野菜類、豆類や穀物類の過剰摂取を、B型の人々はトマト、小麦、トウモロコシや鶏肉類を避けるべきだといわれています。また、AB型の人々にとっては豆腐、魚介類と乳製品は摂取すべきもので、アルコール類とカフェインは避けるべきものだといわれています。AB型はもっとも近年に出現した血液型ですので、AB型の人々の体は乳製品の摂取に適応していると考えられています。

フレーズ

理解するを意味する5つの面白い英語のフレーズ

「理解する」と英語で言いたい時には、通常「understand」を使いますが、「understand」以外の面白い英語の表現が沢山あります。 cotton on 僕は「cotton on」というフレーズが好きです。「cotton on」は「理解し始める」という意味になります。「cotton on」と聞くと、コットンボールなどを想像するかもしれません。コットンは糸くず状になり、服に付きやすいですね。 この表現の由来は「コットン糸のようにすぐに誰かのアイデアに付く」ということから来ています。つまり、なにかを把握するということです。 「cotton on」は肯定文ではよく「soon」や「quickly」と一緒に使われます。

フレーズ

watch out forというややこしい英語の3つの意味

watch out forはよく耳にするフレーズですが、使い方は意外に難しいです。 「注意する」という意味のwatch out for 誰かに何かを注意してほしいときに、watch out for と言えます。特に「危ないものに対して気をつけて」ということを伝えたいときに使います。このようなときに、be careful of とも言えるでしょう。

スラング辞典

cornyの意味とは? このスラングはトウモロコシと何か関係があるのでしょうか?

cornyは何百年も前から使われている形容詞で、「トウモロコシっぽい」や「トウモロコシと関係がある」という意味です。しかし、1930年代からスラングとして使われるようになりました。最初はジャズ・ミュージシャンが使っていて、ジャズの演奏スタイルが流行遅れのときに「This style is corny.」などと言いました。cornyのイメージは田舎から都会にやって来たジャズ・ミュージシャンが演奏するスタイルでした。また、田舎に住んでいる人が好みそうなジャズのスタイルのことでもあります。

ボキャブラリー

英語でゼロを言うことはびっくりするほど複雑です。

僕の気のせいかもしれませんが、日本人はゼロと言う時に、世代によって違う単語を使うような気がします。年長者には「まる」と言う傾向に対し、若者は「ゼロ」と言う傾向があります。英語では、零を表す単語は三つあります。それはzero、nought、ohです。しかし、国によってゼロを表す単語は異なります。たとえば、イギリス人はよくnoughtとohを使う一方で、アメリカ人はよくzeroを使います。以下の電話番号を例にみてみましょう。