発音

「th」の発音 -ネイティブの矯正、「ð」と[θ] という発音記号の使い分け

今回は、「th」の発音を説明します。「th」は「dental fricative」すなわち摩擦音の一つです。要するに、「th」を発音する際、口で小さな隙間を作って、そこにむりやり空気を流して、その摩擦を使いながら、音を作り出します。この音は世界のあらゆる言葉の中では、なかなか珍しい音で、よく使われている言葉の中では、スペイン語、アラビア語、と英語のみで使われています。しかし、英語において、この音はとても重要です。皆さんが、この音をきちんと作り出せるように、また発音できるようにするため、後ほど口の動き方をより具体的に説明してみます。

「though」の発音 ネイティブと練習します

今回、「though」という単語の発音を紹介します。皆さんの「though」の発音を上達させるために、音声ファイルを作成しました。「though」の意味は、「-にもかかわらず、とはいえ、-だけれども、-だけど、でも、しかし、やっぱり」です。「though」の発音記号は「ðoʊ」です。 Your browser does not support the audio element. It’s not as though I like work. 仕事が好きというわけではない。 Wasn’t that fun though? でも、楽しかったんじゃないの? Just an idea though. 単なるアイディアだけどね。 She doesn’t like natto, even though she has never tried it. 彼女は、納豆が食べたことないのに、嫌いです。

「through」の発音  ネイティブと練習します

「through」という英単語を発音するのは難しいと思いますので、みんなさんのために、「through」の発音上達の音声ファイルを作成しました。「through」の発音記号は「θru」です。 録音を聞きたい方は、以下のボタンを押してください。 Your browser does not support the audio element. 1. After the train passed through the tunnel, I was amazed at the snow-covered landscape. 列車がトンネルを通り過ぎると、私は雪景色に驚きました。 2. She looked at him through a hole in the wall. 彼女は壁穴を通って彼を見た。 3. Through the Looking Glass 鏡の国のアリス

theの発音 ー ネイティブの発音ガイド

「the」という英語の単語を絶えず見かけますが、この単語は発音しにくいと思います。 「the」 には三つの発音方法があります。母音の前では、「the」の「e」の音を伸ばします。子音の前では、「e」の音をさらに短くします。これらは「the」の基本的な発音です。最後に、タイトルと名前を強調するために「e」長く伸ばします。 何が母音か何が子音かを見極めるのは相当難しいです。通常は「a, e, i, o, u」は母音ですが、必ずしもこの字の音が母音ではありません。例えば、「the university」は子音として発音されます。「the hour」は母音として発音されます。 多くの日本人は「the」を正しく発音するために、カタカナを使ってしまいます。例えば、母音の前の音は「じ」、子音の前の音は「ザ」というふうに考える日本人は多くいますが、この考え方はやめたほうがいいです。このカタカナの発音とネイティブの発音は大分かけ離れていますので、カタカナは問題を解決するというよりそれを引き起こすことの方が多いです。 「一つの単語」に三つの発音があるなんて、すごく難しく感じられることでしょう。でも皆さんが思っているほど難しいことではありません。先ほどの説明はルールではなく、ただのガイドラインです。つまり、母音の前に、子音の「the」の発音をしても、ネイティブに違和感を与えません。ネイティブはよくこの音を混ぜて使っています。ですので、「the」を発音時には、上のガイドラインにできるだけ沿って発音しますが、それほど気にしなくてもいいのです。 Your browser does not support the audio element. He is the best! 彼が一番! 「基本的なthe」 The Lion, the Witch and the Wardrobe ライオンと魔女 「タイトルのthe」 I charge by the hour. 時給で給料を頂きます。 「母音のthe」

英語の発音の記号 - /s/ ネイティブの発音のガイド

今回は、/s/という音にポイントを絞ります。多くの場合、日本人は英語を喋る時に/s/を発音しようとして、[s]ではなく[ʃ]と言ってしまうので、日本人にとって/s/は難しい音と思います。ちなみに、[ʃ]という音についての説明はこちらです。http://www.eigowithluke.com/2010/11/sh-pronunciation/ /s/と[ʃ]をちゃんと区別しないと、とんでもないけ結果を巻き起こします。例えば、僕の友達が「I would like to shit」と言ったので、彼をトイレに連れて行きました。しかし、互いに困惑し、5分後、僕は彼が「I would like to sit.」と言おうとしていたことに気付きました。[s]と[ʃ]の区別はとても重要です。日本語の音には「si」という音がなく、「し」だけなので、日本人には、「s」と「i」の組み合わせが一番大のようです。

英語の異音異義語 - 自文の英語発音能力を試してみましょう。

英語のアルファベットは26文字ありますが、英語には44の音があります。この事実を考えると、必ずしも英語のアルファベットは頼りになる発音のガイドというわけではありません。英語のアルファベットはしばしば複数の音を表す上に、単語に使われている文字が発音されないこともよくあります。しかも、多くの場合、同じ音をいくつかの文字で表すことが出来ます。例えば、「enough」、「through」と「ghost」の「gh」という音はどうやって発音すればいいのでしょうか。それぞれの「gh」はそれぞれ異なる発音になります。