CATEGORY 英語教材

科学について英文雑誌の一覧

今回、科学についてのインターネット上の英文雑誌を集めてみました。アメリカやヨーロッパでの新しい発見や研究をいち早く知りたい方にとって、これらの雑誌は良い資料になるでしょう。科学についての英語は割と難しいので、そのような英語に馴染みのない方は、まず子供向けの英文科学の雑誌を見てみるのも良いかと思います。

Googleで検索してみると摩訶不思議なことが起こる英語

皆さんも一度はGoogleというサイトを使ったことがあるかと思いますが、Googleには様々なふざけたメッセージや機能がある事を知っていますか?これらの機能はEaster Eggといい、なぜそう呼ぶかというと、キリスト教の復活祭(イースター)の際に、装飾した卵をあちこちに隠して子供たちに探させる遊びにちなんでいるからです。

日本でアメリカの大学の授業を無料で受けましょう

現在、アメリカでは教育の革命が始まったと言われています。ハーバード、MIT、スタンフォードなどの優れているアメリカの大学では、教授は教室にいる生徒だけではなくオンラインで 何万人もの生徒を教えています。これらの大学の好意的な目的は、開発途上国にいる方々や大学に行くことができない方々に無料で大学教育を提供することです。 以下のサイトでは、授業を見ることだけではなく、その授業のテストを受けたり、宿題を出したりします。そして、これらのサイト は非営利目的のサイトなので、皆さんは無料で授業を受けることができます。UdacityやCourseraのサイトでは、コースを完了したら、証明書をもらえます。これは本当の大学の卒業証明書ではありませんが、この資格は履歴書に書いてもよいでしょう。 これらの授業は全部英語で、難しいボキャブラリーが沢山使われていますが、これらの優れている教材を使えるようになるのは英語を勉強する目的の一つだと思います。そして、これらの授業を聞いて、英語を学びながらいろいろな科目の勉強にもなります。一石二鳥という感じでしょう。 Udacity 科目:IT、数学 UdacityはスタンフォードとGoogleが作ったサイトで、コンピュータサイエンスと数学が勉強できます。Googleのスタッフからコンピュータサイエンスを教えてもらうのは本当にいいチャンスだと思います。 Udemy 科目:全部 Udemyは大学のコースだけではなく、個人が作ったコースも受けることができます。このサイトでは無料と有料のコース両方があります。Udemyは他のサイトより幅広い授業の種類を提供し、料理の授業もあったり、フィットネスの授業もあったりします。 Duolingo 科目:フランス語、ドイツ語、スペイン語 Duolingoは最高に楽しくて、今私はDuolingoの中毒になってしまいました。Duolingoは無料でロゼッタストーンに似ている方法で、フランス語、ドイツ語、スペイン語を勉強できます。残念なことに、現在、英語を勉強できませんが、英語でフランス語などを勉強すると、英語もフランス語も勉強出来るでしょう。 Coursera 科目:ビジネス、経済、科学、数学、IT Courseraはプリンストン大学とスタンフォード大学が協力して使ったサイトで、現在生物学、数学、文学などの授業を受けることが出来ます。 Khan Academy 科目:数学、ファイナンス, SAT, GRE Khan Academyはアメリカの高校生と中学生に向いているサイトで、Youtubeビデオやクイズなどでとても面白い授業を教えてくれます。今まで1500万 のビデオが視聴されました 。Khan Academyでは、算数から微分法まで勉強できます。 iTunes University 科目:全部 皆さんはiTunesを知っていると思いますが、iTunesでは沢山の大学の授業を見ることができます。 MIT Open Courseware 科目:工学、数学 最後に、MITという大学のサイトを紹介します。これはオンライン授業のサイトの中ではもっとも古いです。MIT大学は簡単なコースを提供しませんが、工学、数学、物理学などに興味がある方には、このサイトはとても面白いと思います。 edX 科目:全部 edX はハーバードとMITが作ったサイトで、2012の秋学期から始まります。それで、 今は登録しかできないのです。これらの優れている大学の組み合わせからとても面白い授業を期待しています。

11の無料オンライン絵本で英語を勉強しましょう。

英語の小説を読みたい日本人が多くいると思いますが、難しい単語が沢山あるため、大人の小説は読みにくいと思います。僕は日本の小説を読もうとしますが、しょっちゅう辞書を引かなければいけないので、僕は最近は子供向けの日本語の小説を読んでいます。 もちろん、英語の絵本は英語の初心者や子供にとっていい教材ですが、英語が上手な人にとっても子供の本を読むことは価値があると思います。なぜならば、英語語彙を気にしないで ストーリの中の英文法と文章のパータンに集中できるからです。 また、子供の本には沢山の絵があるので、意味が分からない時には、その絵を見ると、なんとなくストーリーが分かるでしょう。 今日リストアップした絵本は無料でオンラインで読めます。また、多くの本にオーディオも付いているので、リスニング力の向上にもよいでしょう。 Pirate’s Treasure オーディオあり これは男の子が好きそうな海賊についての絵本です。海賊の声優はとても面白いので、英語のリスニング力にもよいと思います。 Magic Keys オーディオなし この本は宇宙にいる男の子の話です。絵がきれいで、不思議な印象を与えます。 Cinderella オーディオあり この本を読めばアメリカ南部の人種差別の問題がより理解できるようになると思います。 The Princess and the Dragon オーディオあり この童話はBritish Councilで作られ、Youtubeで見ることができます。British Councilのサイト では、他のビデオの絵本も見れます。 かちかちの山 オーディオあり これは英語に翻訳した日本の童話ですが、僕は聞いたことがありません。日本人の皆さんはこの話を知っているでしょうか? オーディオが付いているけれど、パソコンの声なので、ちょっと聞きにくいです。 Tiger Son オーディオあり これは中国の童話で、声優はきれいな分かりやすい英語で読み上げます。 Queen of Hearts オーディオあり The Queen of Heartsは短い絵本で、5分の時間が余っている時にはこの絵本はよいでしょう。ちなみに、knaveは「ならず者」という意味です。 The Wizard of Oz オーディオあり 皆さんはThe Wizard of Ozという映画を知っていると思いますが、その映画はここの小説に由来します。オーディオが付いているけれど、パソコンの声なので、ちょっと聞きにくいです。