CATEGORY ビジネス英語

サラリーマンは英語で何というでしょうか ー 和製英語の罠

日本では、サラリーマンという言葉がよく使われていますね。僕の友人は昔、ネイティブ相手に「I’m a salaryman.」と言ったら全然分かってくれなかった経験があると言っていました。この和製英語の代表とも言えるサラリーマンという言葉は、英語では何というか考えたことはありますか?和英辞書で調べてみるといくつかの英語が出てきます。

給料は英語で何というでしょうか ー 日本と英米での給料の支払い方の違い

突然ですが皆さん、「給料」は英語で何というでしょう?さて、たった今皆さんはどんな英単語を思い浮かべていますか?日本では、サラリーマンという言葉が使われているので、 salary が頭に浮かんだ方も多くいそうですね。もちろんこれは正しい英語ですが、給料を表す英語は、salary、wage、pay の3つあります。今日は、これらの使い分け方について説明したいと思います。

了解しましたは英語で何というでしょうか ー 職場とそれ以外での使い分け

「了解」という日本語は日常でよく耳にする便利なフレーズですね。僕も様々な場面で使っていますが、会社で目上の人や取引先などに「了解しました」と言うのが失礼に当たるというのは最近まで知りませんでした。英語圏では目上や目下という考え方はありませんが、「了解」を英語で言うなら気を付けないといけないことがあります。まず、和英辞書で「了解」を調べると、よく understood、noted、will do というフレーズが出てきます。

フローは英語で何というのでしょうか ー 和製英語の罠

僕は最近、日本人が英語で行うプレゼンテーションに参加する機会が何度かありました。そこで気になったことがあったのですが、3人が flow という英語の使い方を間違ってしまっていました。フローという和製英語はビジネスでよく使われているので、今回はそれをどのように訳せば良いのかを説明したいと思います。