2010年8月

Amebloやツイッターでよく見かける「なう」は英語にすると何ですか?

Ameblo や Twitterをやっている人は、頻繁に「なう」という言葉を見かけるはずです。 僕が初めてそれを見た時は、整理がつかなくなりました。「なう」が平仮名だったので 、英語の「now」を全く思いつきませんでした。第一印象では、「なう」は最近流行っている語尾なのだと思ってしまいました。どうして「なう」は片仮名ではなく、平仮名で書くのか、未だに分かりません。

“the very” という英語のフレーズの使い方

次の様な状況を想像してください。 あなたは友達の誕生日パーティーでその主役を待っています。豪華なケーキがテーブルの上に置いてあって、部屋の飾りも素晴らしいんだけど、誕生日を迎えた友達はなかなか登場しません。一時間後、友達がやっとパーティー会場に到着しました。 この状況で、あなたが以下のことを言うのが、ぴったりです。

「very」を使いまくっているネイティブの流行病

最高権威によると、英語圏に、深刻な病気が流行っているそうです。「是が非でもこの病気を避けてください」という緊急の発表があったけど、まだこの病気はイギリスとアメリカを席巻しています。英語話者の語彙は壊滅的な打撃を受けました。 文壇にとっては不毛になりました。一体この病気は何なんでしょうか?