昨日、ポール・マッカートニーはLet It Be.のインスピレーションを説明しました。Let It Be.の本当の意味はなんでしょうか?

Let It Beの意味とは
Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

昨日、ポール・マッカートニーはカープール・カラオケでLet It Be.を歌いました。そして、Let It Be. のインスピレーションを説明して、司会者のジェームズ・コーデンに涙を流せました。

この動画では、マッカートニーはコーデンに会ってビートルズの故郷のリバプールを案内します。歌に出てくるPenny Laneなどを見に行きます。そして、ビデオの5:13分にLet It Be.のインスピレーションを説明します。

I had a dream in the ’60s where my mum, who had died, came to me in the dream and was reassuring me saying, ‘It’s going to be okay. Just let it be.
60年代に、亡くなった母は夢に出てきて、俺を慰めて、大丈夫になるよ。ありのままにしてね。と言われました。

30年前のインタビューでは、マッカートニーはLet It Be.の意味を以下のように説明しました。

Be gentle, don’t fight things, just try and go with the flow and it will all work out.
優しくして、何もと戦わずに、流れに身を任せると、きっと大丈夫になる。

Let It Be.には以下の歌詞があります。

She is standing right in front of me
Speaking words of wisdom, let it be
彼女は僕のすぐそばにいる
ありのままという賢明な教えを話す

やはりこのsheはマッカートニーの母ですね。

通常Let it be.はどういう意味でしょうか?

通常、Let it be.は「放っておく」や「それならそれでよい」という意味になります。何かを変えたいと思っているけど、放っておいたほうが賢明だと思う時には Let it be. がぴったりです。例えば、

Let it be. のitをherやhimに入れ替えることができます。例えば、Let her be.は英語のLeave her alone.の意味に似ています。

Let it go.とLet it be.の違いはなんしょうか?

ちなみに、アナと雪の女王のLet It Go.の意味はLet It Be.の意味に似ているでしょう。Let it go.も「放って置く」という意味になりますが、より大変なことがあるときに、Let it go.を使います。悩みがたくさんある人に、Let it be.ではなく、Let it go.の方が適切です。

Let It Beの意味とは

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *