スターウォーズの英語 – 映画を観る前に勉強すべきの英語

Star Warsの絵
Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

今月スターウォーズが公開されるので、今回スターウォーズの英語についての記事を書きたいです。この記事での英単語がわかったら、スターウォーズは少しわかりやすくなるでしょう。スターウォーズでは、珍しい英単語がよくでて来ます。


storm trooper – storm trooperは帝国のために戦う白いよろいを着る兵士です。 通常の英語では、storm trooperは、第一次世界大戦のドイツ軍隊の突撃歩兵を指します。

droid – droidは人工知能を持つロボットです。droidは通常あまりよく使用されませんが、androidという言葉に由来します。 androidは人間の外見を持つロボットです。

clone – cloneは通常、他のもののコピーです。この英語はしばしば動詞として使われ、何かの同一のコピーを作ることを意味します。 しかし、スターウォーズでは、クローンは共和国の兵士です。

light saber – フォースを使うことができる人はlight saberというエネルギーで作られた刀を使います。 セイバーは通常鉄で作られた曲がった刀に対して使います。

the Force – フォースはジェダイに力を与え、フォースだけで自身でものを動かすことができます。通常、forceという言葉を使う時は、多くの異なる力があるため、冠詞のtheを使いません。 しかし、スターウォーズでは、この力は特別であることを強調するために冠詞のtheが使われています。

smuggler – ハンソロとチューバッカはどちらも密輸者です。 密輸業者は、不法に物資を動かす人です。不法に物資を動かす時に、smuggleという動詞が使えます。

Jedi – ジェダイナイトは平和を保ち、シスと戦っています。 しかし、シスは占領してほとんどのジェダイを殺しました。Jedi apprenticeはジェダイになるために訓練を受けている人です。 ジェダイマスターはJedi expertと呼ばれています。

Star Warsの絵

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

4 件のコメント

  • 現在イギリスに留学中の20歳です!
    昨日このブログを見つけて、一気に30ほど読んでしまいました。学ぶことがいっぱいで、とても面白いです!
    Lukeさんの更新たのしみにしています!

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *