barの意味とは、barはお酒で飲む場所だけではなく、役立つ副詞にもなります。

barの絵
Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

通常、barはお酒が飲める場所という意味になるでしょう。しかし、barはよく副詞としても使われていることを知っていますか?「以外」や「を除いては」という意味を表すために、exceptやapart from という単語を使いますが、日常会話ではbarを使うネイティブが多くいます。

We had beaten every single team, bar the Giants.
We had beaten every single team, except for the Giants.
We had beaten every single team, apart from the Giants.
ジャイアンツ以外、俺たちは全てのチームに勝った。

副詞のbarの使い方はexcept for や apart from とほぼ同じですね。通常、ネイティブでは文章の最後にbarをつけます。また、bar + 名詞というパターンを使います。「bar from + 名詞」や「bar for + 名詞」は使いません。
bar usage

Everyone thinks the health care plan is great, bar a few conservatives.
Everyone thinks the health care plan is great, except for a few conservatives.
Everyone thinks the health care plan is great, apart from a few conservatives.
何人かの保守的な人以外、皆はこの健康保険の計画は素晴らしいと思います。

bar noneの意味とは

bar noneというフレーズもよく耳にします。何が一番良いかを強調したい場合、bar noneが使えます。例えば、このレストランが一番良いと言いたい時には、

This restaurant is the best.
このレストランが一番良いです。

と言えます。しかし、bar noneを付けると、より表現力があります。

This restaurant is the best bar none.
例外なくこのレストランが一番良いです。

bar noneが例外なくという意味になる理由は、noneは「何もない」という意味で、barは「を除いては」という意味なので、bar noneは「除くものがない」という意味になります。今度、お酒が飲みたい時には、以下の英語を使って見ませんか?

This bar is the best bar none.
例外なくこのバーが一番良いです。

barの絵

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

2 件のコメント

  • 初めて知りました!これから使ってみます(*^ω^*)
    少し早いですが、今年もルークさんには大変お世話になりました!
    来年もよろしくお願いいたします(*^^*)

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *