snowflakeは雪片という意味ですが、最近流行のスラングになりました。

Snowflake
Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

snowflakeは最近とても人気となったスラングです。政治的な議論やアメリカのテレビ上で使われているのがよく聞かれます。トランプが大統領に当選して以来特に人気になりました。snowflakeというスラングにはいくつかの異なる意味があるのですが、ポジティブなものもあればネガティブなものもあります。

snowflakeはふつうは雪片という意味ですが、雪片はひとつひとつ同じものが無い唯一独特のものなので、よく人々の独自性について触れるときに使われます。

We are all special snowflakes. We are all unique, and we all have special talents.
私たちみんなが特別で個性的な存在さ。みんなユニークで、みんな特別な才能がある。

special snowflake

このsnowflakeという語の使われ方はポジティブです。しかしながら、Fight Clubという作品の本および映画以来snowflakeとspecial snowflakeはネガティブな意味で使われ始めました。special snowflakeがネガティブな意味で使われるときには、自分をあり余るほどの称賛と敬愛に満ちた特別な経歴に値するとても特別な人間だと思っている人々のことを指します。

Alexa is a special snowflake. She thinks that she is too good for this job.
Alexaは自意識過剰なやつでさ。自分はこの仕事には出来すぎた人間だと思っているんだ。

generation snowflake

generation snowflakeというフレーズもまたよく使われます。これは前の世代たちに比べて快活さが無く怒りっぽいと見られることもある今日のアメリカにおける現在の若い世代の人々を示す言葉です。



Trump and snowflakes

ここ2年間で、snowflakeという語はとても政治的な色を帯びるようになりました。政治的右派の人々が左派の人々を侮辱する用途で使われることが多いです。この場合、snowflakeは感情を害しやすく自分たちの派と異なる意見を処理することができない左翼の人々について言及しています。

There are so many snowflakes in this university. They get angry over nothing.
この大学にはすぐキレる変人が多すぎる。彼らは何でもないことに腹を立てる。

Snowflake

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

1 個のコメント

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *