「とりあえず」は英語でなんと言う? という新しい本が出版されます! 

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

先週、僕が書いた本が大和書房から出版されたので、興味のある方は是非読んでみてください。この本のタイトルは『「とりあえず」は英語でなんと言う?』(大和書房刊、本体740円+税)です。この本では日本語の文化から生まれた「気持ち」や「考え方」をどうやって英語のネイティブに伝えるか教えます。辞書に出てくる定義や単語の直訳ではなく、同じ状況でネイティブがよく使っているフレーズを紹介します。そして、それらのフレーズがネイティブにとってどんなイメージがあるのか、どんな文化にもどづいているのか、どんなニュアンスがあるのか、を丁寧に解説しています。

第1章 「自分の気持ち」を伝える
第2章 「自分の状態」を伝える
第3章 「性格」を表現する
第4章 モノを評価する
第5章 会話がはずむ英語
第6章 知って損はない便利な英語

%e6%9c%89%e9%9a%a3%e5%a0%82%e6%a8%aa%e6%b5%9c%e9%a7%85%e8%a5%bf%e5%8f%a3%e5%ba%97-reduced
今回は小さいサイズの本なので電車などでも読みやすく、
フレーズも533個とたっぷり紹介したお得な一冊です。
そして、発売から1週間たたずに増刷となりました!
このサイトを愛用してくれている方は、ぜひ本を手に取ってみて下さいね。今から書店には置いてあります。それかこのリンクでAmazonで買えます。

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

7 件のコメント

  • Congratulations!
    I found your blog several days ago. I’m nuts about it. I read more than ten posts every day. I use your articles to learn Japanese since I’m from Taiwan. I’m going to buy your book when I visit Japan next time. Thank you for posting all these helpful lessons.

  • ルークさん、本の出版、そして増刷おめでとうございます!
    いつもブログでお世話になっています(^^)今回の本も早速購入させていただきます( ̄▽ ̄)これからもブログ楽しみにしています!

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *