緊張したり驚いた時に使える英語

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

僕の実家で飼っている猫はとても臆病なのですが、いつもどこか緊張してる感じがして、何か物音がすると身体がピーンと硬直してしまいます。このような性格を表す英語の中では、tense が一番適切だと思います。tense は「ピンと張っている」という意味で、肩が凝った際は、my muscles are tense と言うことができ、緊迫した状況では a tense situation と言えます。また、ドキドキしている時にも、tenseが使えます。

My cat gets really tense when he hears a loud noise.
僕の猫は大きい音を聞くととても緊張する。

nervous という英語はとても重要で、頻繁に使われています。nervous の由来は神経を意味する nerve です。nervous な人は神経が敏感で、いつもビクビクしています。

My friend is such a nervous guy. He can’t talk to girls unless he gets drunk.
僕の友達は神経質だ。酔っ払わないと女性と話せない。

そして、nervous は性格だけではなく、 何かが原因で緊張した際にも使えます。

When I was a kid, I got really nervous before the school play.
子供の頃、学校の芝居の前にとても緊張した。

皆さんは、緊張しすぎて胃が落ち着かないといった経験はありますか?ネイティブにとってはこのような場合、胃の中で蝶が飛び回っている感覚に似ているらしく、I have butterflies in my stomach. という言い回しがあります。

I have butterflies in my stomach. I am so nervous about tonight.
わたし、めちゃくちゃドキドキしてるの。今夜のことについて超緊張してるんだ。

また、恥ずかしながら僕は驚かされると尋常じゃないくらいびっくりしてしまうことがあるのですが、びっくりしたりドキッとした時に英語では「飛ぶ」を意味するjump を使います。びっくりして飛び上がることがあるからでしょう。jump に y をつけると、形容詞になり、すぐに驚く人という意味になります。

My grandma is so jumpy that whenever I call out to her from another room she lets out a small scream.
祖母は、僕が違う部屋から呼ぶと小さい悲鳴をあげるほど驚きやすいタイプだ。

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

2 件のコメント

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *