危険!キャベツとレタスを英語で数える時は気を付けよう

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

キャベツやレタスは美味しい野菜ですが、実はこれらの野菜を英語で数える時には注意が必要です。
まず、イギリス人は lettuce や cabbage をよく複数形で使います。

I am growing lettuces in the garden now.
今僕は庭でレタスを育ててるんだ。

しかし、アメリカ人はこの使い方に対して違和感を感じるでしょう。なぜなら通常 cabbage と lettuce を不可算名詞として使うからです。

I am growing lettuce in the garden now.
今僕は庭でレタスを育ててるんだ。

それでは、キャベツやレタスの数を表す場合、アメリカ人とイギリス人はどのようにするのでしょうか。
例えば、テーブルの上に5玉のキャベツがある場合、イギリス人は通常以下のように言います。

There are five cabbages on the table.
テーブルの上に5玉のキャベツがある。

一方、アメリカ人はレタスやキャベツを数える際に、head という単位を使います。

There are five heads of cabbage on the table.
テーブルの上に5玉のキャベツがある。

I would like to buy three heads of lettuce.
レタスを3玉お願いします。

なぜ head を使うかというと、キャベツやレタスは人間の頭の形に似ているからだそうです。
また、キャベツやレタスの葉を数える際には、leaf を使います。これはイギリス人もよく使います。

You need four cabbage leaves for this dish.
この料理を作るには、キャベツの葉が4枚必要です。

There are so many colorful lettuce leaves in this salad.
このサラダには、沢山の色鮮やかなレタスが入っている。

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

1 個のコメント

  • こんにちは。
    〜が好きです。と言いたい時、
    I like apples. のように複数形をつかいますが、キャベツのように不可算名詞の場合は I like cabbage. でいいのでしょうか。イギリスだと I like cabbages. でも違和感ないってことですか。

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *