サマータイムは英語で何という? ー 和製英語の罠

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

今日は、皆さんも一度は耳にしたことがある「サマータイム」についてです。アメリカやカナダやヨーロッパの各国など、国の中でも一部の地域(例えばアメリカではアリゾナ州)は実施していないこともありますが、他にもいくつかの国はサマータイムを実施しています。サマータイムは、太陽の出ている時間帯を有効活用することを目的として、日の出時刻が早まる主に3月~11月の間、時計の針を1時間進めます。お気付きの方もいると思いますが、サマータイムを実施している地域の多くは、1年の半分以上をサマータイムで過ごしています。

アメリカ英語とイギリス英語のサマータイム

アメリカで、サマータイムは daylight savings time といいます。これは、daylight「太陽の光 」を savings「有効に活用」する time「時間制度」という意味です。sをつけずにdaylight saving timeとも言います。イギリスでは、British Summer Timeというのが一般的です。もし It’s summer time. というと、「今は夏だよ。」と伝えてしまうことになるので注意して下さい。

Spring forward, fall backward.

サマータイムが始まる時や終わる時、パソコンなどの時計は自動的に変わりますが、電波時計でない普通の時計は針を回さないといけません。それなので、

Spring forward, fall backward.
春に進めて秋に戻す。

という有名な言い回しがあります。
サマータイムが始まる時:

Let’s put the clocks forward.
時計を進めましょう。

We’ve lost an hour today.
今日は1時間損したね。

Let’s put the clocks back.
時計を戻しましょう。

We’ve gained an hour today.
今日は1時間得したね。

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

5 件のコメント

  • Lukeさんは個人的にはサマータイムの制度についてはどう思いますか?
    日本でも少しの期間だけ(1948年から51年)夏時間が導入されていた経緯があります。
    “Let’s put the clocks forward”という経験をしたことがない人にとっては、サマータイムはどんなメリットがあるんだろうと思います。

    • UK、特にスコットランドは日本より北なので、冬になると子供が家に帰る時に暗くなってしまいます。それなので、UKにはDSTが必要ですが、日本には必要がないかもしれませんね。

  • 初めまして。Now I’m trying to send message to famous star on Facebook. i’m starving for youは変な英語ですか? Sorry to trouble you, but please teach me.

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *