英語の敬称 ー ネイティブはMr.とMs. 以外に何を使うでしょうか

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。


僕は日本語の勉強を始めて間もない頃、人の名前には「さん」を付けるということを学びました。それから日本で過ごしていくうちに、「様」や「ちゃん」や「くん」など、その他にも様々な敬称もあると身をもって知りました。

皆さんも、英語の勉強を始めて割と早い段階で Mr.とMs. を習ったのではないでしょうか。 Mr.とMs. の他にも、日本の敬称のように名前の後に付ける単語がいくつかありますが、英語で「敬語」や「敬称」の概念は非常にマイナーなものなので、今日紹介するのは一丸に敬称とは言えないかもしれません。

Master

18歳までの男性には master という単語を使うことができます。これは、主にイギリスで使われているフォーマルな英語で、アメリカで使われているのは見たことも聞いたこともありません。僕はイギリスに住んでいた頃、銀行や学校などから届く郵便物の宛名には、よく Master Tunnicliffe と書いてありました。 Master は名字の前に付けたり、フルネームの前に付けたりします。

Master Hall

Miss

昔、全ての英語圏の国で Miss が使われていました。Miss は未婚女性に対して使いますが、そのせいで現在 Miss は差別的な単語だと思って使わない人が増えてきました。しかし、差別ではないと思いまだ使っている人も多くいます。

Miss Smith

Mrs.

上記の Miss を使う人は、既婚女性に対して Mrs. を使います。 Miss も Mrs. も差別的な単語だと思っている人は Ms. を使います。

Mrs. Cornish

Sir

Sir を使う機会はあまりありませんが、女王にナイト爵位を授かった人には、Mr. ではなくSirを使います。

Sir Luke Tunnicliffe

Dame

そして、女性のナイト爵位は Dame を使います。

Dame Judy Dench

Lord, Baron, Earl

ナイトより上の貴族には Lord, Baron, Earl などを使います。僕はこのような人とは会ったことがないので、残念ながらまだ使ったことがありません。

Lord Sugar

こうやって並べてみると、やはり日本の敬称のように普段から使える英語はとても少ないですね。ちなみに僕は外国人だからか、Lukeさんや Luke と呼ばれることがほとんどで、名字にさん付けで呼ばれることはほとんどありません。そして「くん」を付けてくれるのは、「るーくん」と呼んでくれる知り合いのおばあちゃんひとりだけですね。

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

7 件のコメント

  • 初めてコメントします。いつもとても勉強になります!
    日本語の「~さん」がMr.ほど改まった言い方でないことや、使い道の広さを説明するのは難しいですね。
    あ、私も「ルーくん」と呼んでます!…友達の犬を(笑)。

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *