英語圏の人にとって発音しにくい日本語

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

pronunciation-opti
僕は日本に来る前、アラビア語や中国語など他の言語に比べると、日本語の発音は簡単だと聞いていました。しかし、実際僕みたいな英語圏の人たちにとって、標準語のように日本語を発音するのは非常に難しいです。

例えば、アメリカ人の言う「コンニチワ!」を想像してみて下さい。多くの方は、「コン」は普通で「ニィ」で突然音程が上がり「チ」から「ワ」にかけて音が下がる「こんにちは」を想像したのではないでしょうか。英語圏の人が日本語を話す時、最初や真ん中らへんの文字の音を強調して上げ、最後を下げる傾向にあります。お茶、耳、買う、する、など2文字の 単語なら2文字目をよく下げてしまいます。

そして、50音では「つ」と「ラ行」の発音が難しいです。英語には「つ」の音がないので、未だに僕はよく「つ」と「す」が混同してしまい、「ツルツル」を「するする」と言ってしまったりします。
ラ行は、僕の聞く限り英語の l と r の間のような音ですが、日本語を勉強する時「ら= ra」と教わるので、よく英語圏の人は、らは rabbit のraのように、 r で発音してしまいます。
そして、例えば英語の「ran away」の発音が「ranaway」になるように、言葉の途中の「ん(n)」を、後の文字とくっつけてしまうこともあります。以前僕は、「婚約 」 を「こにゃく」 、「翻訳」を「 ほにゃく」、「免疫」を「めねき」と言っていました。
また、1文字の日本語を言うとき、「木」は「key」、「蚊」は「car」のように母音を伸ばしてしまいます。逆に、伸ばすところを伸ばさなかったりもします。
あとは、小さい「っ」も難しいです。僕の一番好きなお酒は獺祭(だっさい)ですが、
友達に言ったら「えぇ、ダサいなんてお酒ないでしょ」と笑われてしまいました。
このように、日本語を話す英語圏の人のほとんどは、標準語からほど遠い発音だと思います。それでも聞いている日本人の皆さんは「外国人が日本語話しているな」くらいにしか思っていないのではないでしょうか。これは英語圏の人も同じです。もし自分の英語の発音に自信がなくても、聞いている方はきっと何とも思っていないので、皆さん気にせず自信を持って英語を話しましょう。

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

13 件のコメント

  • “聞いている方はきっと何とも思っていないので、皆さん気にせず自信を持って英語を話しましょう。”
    いいこと言うね。That’s so sweet of you

  • なるほど!
    逆に日本人が英語の発音で上手くできていないものも記事にしていただけると、発音を意識的に注意することができると思います!

  • 元気がでました。英語の発音に自信がないので小さい声で話してしまいがちですが、明るく元気に話したいと思いました。いつもためになる記事をありがとうございます。

  • 発音についての記事面白かったです。欧米の友人が話す日本語はまさしくその通りで、違う意味になりやすいので、意味をちゃんと受け取れるように気をつけてはいますが気にしてはいないですね、確かに:)
    余談ですが、田舎が山口なので、獺祭が一番好きと言っていただけてすごく嬉しいです!

  • いつもブログ拝見させていただいてます
    あるアメリカ人の留学生が一番苦労していたのは「りゃ りゅ りょ」でしたよ
    彼女が「遠慮します」と言う時のたどたどしい感じがとってもキュートでした
    Lukeさんは言えますか?笑 それでは

  • 上のコメントでもありましたが、「りゅ」という発音が難しいそうです。
    英会話教室のネイティブの先生が生徒の「りゅうた」くんの名前を言う時「るーた」と言っていました。
    そのあと「デュータ」と言っていましたが。

  • Hi,
    I noticed your pronunciation is this;
    ‘want an apple ‘ is ‘wananapple’.
    ‘when they’ is ‘wheney’.
    In addition,you told ‘HON-YAKU’ is ‘HONYAKU’.
    Is it not ‘HONAKU’ in your rule,isn’t it ?
    Are you more easier to say ‘N’+’Y’ than saying ‘N’+’T’?
    I think it expresses your tongue attach to upper jaw than ‘ん’in japanese,when you say that.
    When you leave your tongue from your upper jaw,the noise like ‘Y’ will happen naturally.
    So,you change it’s original pronunciation totally,don’t you?
    Otherwise,you say ‘Key’,when you say ‘KI’in japanese.
    I tought a Finn Japanese name of Hattifatteners in Moomins before.
    Japanese name of Hattifatteners is ‘ニョロニョロ’.
    But,he said ‘ニョロニョ~ロ’.(It’s fun.)
    Do you have any rule to extend it’s pronunciation?
    Moreover,you can’t say ‘つ’in japanese.
    ‘つ’ is different from ‘th’+’U’.
    You explain you say ‘す’,when you try to say ‘つ’.
    But,the both of Japanese ‘す’and ‘つ’ are different from ‘th’+’U'(It’s english).
    It means your tongue is at lower place than saying it in Japanese,when you say that.
    On the other hand,when I say ‘th ‘in english,my tongue moves at lower place than japanese ‘つ’.

  • 日本語のローマ字表記と、実際の発音は違いますよね。
    あんた→an ta
    あんか→ang ka
    あんま→am ma
    Even Japanese people don’t know the thing.
    あと、日本語は他言語に比べ、異常に口を開けない言語ですね。

  • 自分の名前など、日本語のところを、
    英語風に発音すべきか、日本語のまま
    でするべきか、よく悩みます。
    このごろは、日本語を学ぶ人が増えて
    いるようだし。
    特に、一音節ずつ区切って、アクセント
    がなくても曖昧母音にせずにはっきりと

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *