バレンタインに英語でメッセージカードを書こう ー 恋人、片思いの相手、友チョコ、義理チョコに添えるメッセージ22例

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

明日は2月14日、バレンタインデーですね。女性から男性にチョコレートを贈るのが基本的な日本のバレンタインの形式のようですが、欧米ではそうとも限りません。日本とは逆で、どちらかというと男性から女性に花やプレゼントやカードなどを贈る方が一般的です。しかしこの日は愛の素晴らしさをお祝いする日なので、恋人や家族や友人に気持ちを伝えることもよくあります。

そして日本の男性の多くも、バレンタインデーにチョコレートと一緒に手書きのカードを貰うと嬉しいというアンケート結果も出ているので、意中の人に、恋人になど、普段は恥ずかしくて伝えられない言葉を英語で書いてみるのも良いのではないでしょうか。
まず、基本的なフレーズはやっぱりこれです。

Happy Valentine’s Day!
ハッピーバレンタインデー!

これは、バレンタインデーを楽しみましょうというニュアンスで、年賀状の「明けましておめでとうございます」のように、この言葉を書けばバレンタインデーカードになります。
また、

I hope you have a very happy Valentine’s Day.

というメッセージもよく使われています。Valentine’s Dayはバレンタインの日の名前なので、VもDも大文字で書きしょう。

友達に贈るメッセージ

日本の女子中高生などは、「友チョコ」といって友達にチョコレートをあげることがあるようですが、欧米の女の子達も友達にカードを書いたりします。友チョコにひとこと書いたカードを添えたり、ネイティブの女友達にカードを書いてみるのも良いですね。

Thank you so much for being my friend.
友達でいてくれてどうもありがとう。

I am so lucky to have a friend like you.
あなたのような友達がいて私は本当にラッキーだよ。

片思いの相手に贈るメッセージ

まだ恋人ではない相手に気持ちを伝えるなら、バレンタイン以上のチャンスはないのではないでしょうか。明日は年に1度の特別な日です、勇気を出しちゃいましょう。

I fell in love with you at first sight!
あなたにひとめぼれしてしまいました!

I’ve liked you the whole time.
ずっと前から好きでした。

そして欧米では、勇気の出ない人はカードなしの花を好きな人の机やロッカーに忍ばせたり、カードに自分の名前を書かないこともよくあります。これはsecret Valentineといいます。

Happy Valentine’s Day.
With much love,
your secret admirer
ハッピーバレンタインデー。
愛を込めて
密かにあなたを想ってる者より

義理チョコに添えるメッセージ
欧米では義理チョコという文化はありませんが、会社のみんなにクッキーを焼いてきてくれたりする人もいます。恋人ではなく、普段お世話になってる人に渡すならこのようなメッセージを添えてみるのも良いですね。

Please enjoy these cookies as an expression of my gratitude.
日頃の感謝の気持ちを込めてクーキーを贈ります。

Keep up the good work! Please enjoy some chocolates.
いつもお疲れ様です!どうぞ召し上がってください。

恋人に贈るメッセージ

さぁ最後は恋人に贈るメッセージです。普段は言わないような、バレンタインのスイーツのように甘いメッセージを贈れるのもバレンタインデーの良いところですね。バレンタインカードに気持ちを書いて、より一層愛を深めましょう。

I will always love you.
いつもいつでも愛してるよ。

Even when we’re apart, I’m always thinking about you. Much love to you.
離れていてもいつもあなたのことを想っています。愛を込めて。

You are more important to me than anyone else in the world.
あなたは私にとって世界でいちばん大切な人。

Have a very happy Valentine’s Day with lots of love to you!
ハッピーバレンタインデー。たくさんの愛をこめて!

I wouldn’t be here without you.
私はあなたなしでは存在しないよ。

I can’t live without you.
君なしでは生きていけない。

You mean the world to me!
あなたは私にとって世界そのもの!

I hope you know how much you mean to me.
あなたが私にとってどれだけ意味があるか、どうかあなたが知ってますように。

I’m so glad that I found you. Happy Valentine’s Day!
あなたを見つけてよかったな。ハッピーバレンタインデー!

I love you more and more with each passing day.
日が経つごとに、より一層君を愛してる。

I love you more and more as the years goes by.
年が経つごとに、より一層君を愛してる。

All my love to you on this special day.
この特別な日に全ての愛を込めて。

I love you more than anything, except that is for chocolate.
何よりもあなたを愛している。チョコレート以外でね。

さて、皆さんが書きたいメッセージはありましたか?皆さんにとって明日のバレンタインデーが素晴らしい日になりますように。I hope you have a very happy Valentine’s Day!

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

4 件のコメント

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *