canのいつもと違った使い方 ー My friend can be nice.はどういう意味になるでしょうか

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

今これを読んでいる大半の方は、canという基本的な英語を学校で習ったと思います。

My baby can already walk.
うちの赤ちゃんはもう歩ける。

しかし、canは違った使い方もします。まず、以下の英文を見て下さい。

That class can be interesting.


ここでのcanは、「能力」や「可能性」ではなく、「時には」という意味になります。ですので、「その授業は面白くなる可能性がある」ではなく、「その授業は時には面白い」という意味になります。
それでは他の例も見てみましょう。
can-opti

Our cat can be vicious.
うちの猫はたまに凶暴だ。

The supermarket can be busy.
スーパーは混雑していることもある。

My friend can be nice.
私の友達は優しかったりもする。

「時には」という意味でcanを使う場合、常にcan beというパターンになるので、他のcanの使い方と区別出来ます。しかし、以下のように曖昧な場合もあります。

We can be friends.
私たちは友達になれそうだ。
私たちは友達の時もある。

もし We can be friends. をネイティブが「私たちは友達の時もある
」という意味で使いたい場合、よくat times や occasionally などを付けます。

At times, we can be friends.

ネイティブは日常でよくこのようなcanの使い方をするので、皆さんもぜひ覚えてみて下さいね。

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

8 件のコメント

  • Can に、こういう意味もあったんですね!
    日本の教科書には、乗ってないと思います。勉強になりました。ありがとうございます。

  • 辞書にcanのこの用法も載ってますよ。
    見てもこんな用法もあるんだな、で済ましてる人がほとんどかもしれませんが。
    そういう表現もluke先生が解説してくれると知ってる聞いたことあるだけの知識が実際に使える知識にアップグレードされるので、いつも参考になってます。

  • 海外ドラマで、 Disneyland can suck! という言葉がありました。
    この場合はどんな用法なのでしょうか。日本語訳ではディズニーランドはクソ!と訳されていましたが、この用法はよくわかりません。

  • なるほど、ちょうど、canの使い方で、この使い方の場合、どうやって訳すのだろう?って、いつも思って居た疑問でした。まさに、その事についてのTopicだったので、疑問が解けて、心がスッキリしました!ありがとうございました。もし、よろしければ、shouldについても、普段と違った使い方について教えてもらえると、非常に嬉しいです!例えば、『should we get dinner?』って、ある所で、目にしたのですが、これの『should』は、どの様に訳せば良いのでしょうか?今回の様なTopicみたいにサイトで紹介してださいませんか?

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *