絆は英語で何というでしょうか - 友情、家族、国などでの使い分け方

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

絆
絆を英語にする場合、まずはそれがどのような絆なのかを考えます。友情の絆だとbondやbond of friendshipを使い、家族や親戚の絆はfamily tiesというフレーズを使います。family bondという英語も使われていますが、family tiesの方が一般的です。家族や親戚は1人以上居る場合が多いのでtieにsを付けます。恋人間の絆の場合bondをよく使い、夫婦間の絆の場合はtieをよく使うイメージがあります。「結婚する」を意味するtie the knotというフレーズもあるので、それに関係しているのかもしれませんね。では早速bondの使い方を見てみましょう。

There was a close bond of friendship between them.
彼らの間には強い友情の絆があった。

友情の場合、「兄弟みたい」を意味するlike brothersやlike sistersという英語も良いと思います。それなので、上記の例文の「彼らの間に強い友情の絆があった。」は、

They were like brothers.

とも訳せます。
日本語では、友人や家族や親戚だけではなく、国、国民、社員、クラスメイトなどに対しても絆を使いますね。英語ではこのような場合、よくbondを使いますが、特にa common bondというフレーズが役に立つと思います。

After the great earthquake, the common bond between the people of Japan grew stronger.
大震災の後、日本国民の絆が更に深まった。

そして、「結び付ている」を意味するbound togetherという動詞もよく耳にするのですが、これも絆の意味に似ていると思います。

Britain and America are bound together by a common tongue.
イギリスとアメリカは同じ言語ならではの絆があります。

もし「絆を断つ」と言いたい場合は、break off all ties withというフレーズが近い意味になるでしょう。

I decided to break off all ties with my ex-boyfriend.
私は元彼との関係を断とうと決めた。

2 件のコメント

  • Bandは違うんですか?
    昔、Band of brothersっていうドラマシリーズがあって和訳は兄弟の絆だと思ってたんですが。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。