「勝つ」は英語で何という? ー 2020年の東京オリンピックに向けて日本人がよくする「win」の使い方の間違いを直しましょう

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

Won
2020年の東京オリンピックの開催地が、東京に決定しましたね。ホームは強みになるので、2020年のオリンピックでは、日本はより沢山の勝利をおさめるのではないでしょうか。そんなことにちなんで、今回は英語で「勝つ」はどう表すか説明したいと思います。

スポーツで勝った時、日本語では 「相手に勝った」や「相手チームに勝った」などと言いますね。そのせいか、日本人は英語で話す時、

X My friend always wins me at basketball.
友達はバスケでいつも僕に勝つ。

X We won the team.
私たちは相手チームに勝った。

という間違いをよくします。
英語で「win」は上記のように使いません。「win」は「人」ではなく、試合を意味する「game」や「match」などと一緒に使うのです。

My friend always wins the game when we play basketball.

I won the soccer match against the other team.

つまり、win + the + game というパターンになります。
「相手に勝った」を表したい場合は、「beat」という動詞も良いでしょう。「beat」は「勝つ」に似ていて、「beats me」や、「beat the team」のように使えます。

My friend always beats me at basketball.
We beat the team.

Tokyo beat Istanbul by a large margin to become the host of the 2020 Olympics.
2020年のオリンピックは、イスタンブールと大差を付けて東京が開催地を勝ち取った。

大勝した場合

スポーツで大勝利した時は、よく「thrash」というくだけた英語が使われています。

Japan thrashed the other teams at Judo.
日本は柔道で他のチームに確実に勝った。

しかし、「thrash」は通常の場合、激しく打つという意味になるので、気をつけて使って下さい。
僕にとっては、「trounce」という動詞の方が上品に聞こえます。
サッカーの話だと、

Manchester United trounced Liverpool five nil.
マンチェスター・ユナイテッドは、5ー0でリバプールに大勝利した。

のように使います。

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

4 件のコメント

  • スポーツファンの自分にとっては、非常に役に立つ記事です。ありがとうございます。
    でも、最後の例文は
    “ Liverpool trounced Manchester United five nil.”
    こっちにしてほしかったですね(笑)
    最近勝ったので

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *