2013年9月

英語での大きな数字 ー 「ten million」は日本語でいくつでしょうか 

僕は数年間日本に住んでいますが、500億円などのとてつもなく大きな金額が実際どのくらいなのかは、ドルで言われないと分かりません。日本人にとっても、50 millionや20 trillionなどの数字を即座に理解するのは難しいかと思います。「1万」を「ten thousand」、つまり日本語ではあり得ない「10千」と表すように、英語の数字と日本語の数字では数え方がかなり異なります。

様々な英語で「懐かしい」を表現しよう

「懐かしい」はとても便利な日本語だと思います。昔の思い出が蘇った時など、この単語1つでその感情を表現出来ます。英語では、「懐かしい」という感情を日本語ほど簡単に表すことは出来ません。「懐かしい」には、切なさや嬉しさや安心感など、その時々により様々な感情が入り交じっていますね。ですので、 懐かしさは言葉できちんと言い表せない、とても不思議な感情だと思っているネイティブが多いと思います。しかし、「懐かしい」は、ネイティブにより、その時々の感情によって、様々な英語で代用されているでしょう。

ビジネス英語

魅力的な英語のスローガンの作り方と38の有名な会社のスローガン一覧

英語圏に限らず、日本でも英語のスローガンを作りたい会社や学校は沢山あるようなので、今回はスローガンについて説明します。 通常、英語のスローガンは3つから5つくらいの英語で構成されていますが、人気が出るスローガンは、予想外な英語の使い方をしています。例えば、「think big」というフレーズは一般的ですが、フォルクスワーゲンはこれを逆にし、「think small」というスローガンを作りました。これは面白い上に、とても良い印象を与えることに成功しました。フォルクスワーゲンは、「我々は細かいことにも注意している」という意味を込めたのです。

アイドルは英語で何というでしょうか ー 和製英語の罠

先日、日本のテレビで、昭和から現在にかけてのアイドル特集というものをやっていました。番組内ではアイドルという単語が飛び交っていましたが、僕はアイドルと聞く度に、少し違和感を感じていました。なぜなら英語では、「idol」だけだと、通常「崇拝する偶像」という意味になるからです。ですので

it’sとitsの意味と違い ー ネイティブがもっとも間違える英文法

ネイティブがもっとも間違える英文法というのは、「it’s」と「its」の区別です。「it’s」と「its」の使い分け方は割と簡単ですが、ネイティブは書くときにこれらを混同してしまいます。今回は、自分もイマイチ分からないという方や、間違えてしまいやすいという方の為に、「it’s」と「its」の意味と使い方を説明します。