「as well as」、「together with」を使う時の動詞は、単数形か複数形どちらを使うのでしょうか

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

cat and dog2
先日、知人に興味深い質問をされました。それは、「as well as」や「together with」を使う時には、動詞は単数形か複数形どちらになるのか?というものでした。
英語の動詞は、主語に合わせないといけません。例えば、主語が単数形の場合、「My dog likes to swim.」のように動詞も単数形になります。そして、主語が複数形の場合は、「My dogs like to swim.」のように動詞は複数形になります。

しかし、主語が2つの単数形ならば、どうすれば良いのでしょうか。これは少し難しいです。
「and」を使う場合は、動詞は複数形になります。

My dog and cat like to swim.
僕の犬と猫は泳ぐのが好きだ。

My brother and sister are very noisy.
兄と姉はとてもうるさい。

「and」は英語の接続詞の1つですが、他にも接続詞は色々あります。例えば、「as well as」、「in addition to」、「together with」などです。これらの接続詞と2つの単数形の名詞を一緒に使う場合は、「and」とは異なり、単数形の動詞を使います。なぜなら、「as well as」に続く名詞は主語と似ている働きをしますが、正式な主語ではないのです。先ほどの例文を、今回は「as well as」を使って書きます。

My dog, as well as my cat, likes to swim.
僕の犬、そして僕の猫は泳ぐのが好きだ。

My brother, as well as my sister, is noisy.
兄、そして姉はとてもうるさい。

上記の文章では、兄と姉、共にうるさいのですが、動詞は単数形になります。このように、「in addition to」、「together with」、「as well as」を使う時には、最初の主語が単数形かどうかをきちんとチェックして動詞の形を決めましょう。

My brothers, in addition to my sister, are famous basketball players.
姉だけではなく、兄達も有名なバスケットボール選手だ。

My brother, in addition to my sister, is a famous basketball player.
姉だけではなく、兄も有名なバスケットボール選手だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。