英米で起きている空前のうま味ブーム

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

最近、アメリカやイギリスでは、「umami」という単語が流行っています。沢山のシェフは日本に来て「umami」を研究しているらしく、トップシェフは「umami」をよく使っているそうです。それなので「umami」についての料理教室もあるのです。驚く事に、「Umami Mart」、「Umami Burger」、「Umami Girl」、「Umami TV」まであります。

http://umamimart.com/
http://www.umami.com/umami-burger/
http://umamigirl.com/blog
しかし、「うま味」と「umami」には微妙に違うニュアンスがあるように思います。
日本のある教授は、1908年にうま味の存在を発見し、第5の味覚として「うま味」と名付けました。しかし欧米の研究者には、舌にうま味成分を感じる組織があることが分かるまで、100年近く基本の味覚としては認めてもらえませんでした。そして今、英語のネイティブはうま味を、「今まで隠れれていた5番目の味」「the hidden fifth taste」という風に考えています。間違っているわけではないのですが、日本人にとってのうま味は、ただの「味」というよりは「食品に含まれているうま味成分」として認識されているような気がします。

I can really taste the umami in this burger
このバーガーはうま味をよく感じられるね。

Do you savor the taste of umami?
あなたはうま味という味を堪能しますか?

「umami」人気はまだまだこれからも広がって行くでしょう。それと共に、「うま味」と「umami」のニュアンスの差も広がりそうですね。
umami
このGoogle Ngramの図では、1960年から現在にかけての英語圏での「umami」という単語の人気が見られます。
新聞などでは色々な「umami」についての記事があるので、興味がある方は是非見てみて下さい。
Umami: why the fifth taste is so important
Sweet, Sour, Salty, Bitter … and Umami
A New Taste Sensation

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

5 件のコメント

  • Umami、ですか。面白いですね。
    確かにこの単語を聞くと成分としてのイメージがあります。
    物質としてはアミノ酸であり、商品としては味の素。
    お手軽に美味しくなりますが、過去の大規模な風評被害の影響で
    体に悪いというイメージが定着し、今ではあまり家庭で見かけなくなった調味料。
    僕は愛用してます。

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *