カンマとピリオドの違い

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。


英文では、間違えてピリオドの代わりにカンマが書かれている文章をよく見かけます。接続詞がない場合は、完全な文章の後にピリオドを付けなければいけません。例えば、以下の文を見て下さい。

誤:America has made peace with Serbia, Britain is expected to do the same.
アメリカはセルビアと和解し平和になった、イギリスも同じことをすると期待された。

なぜ上の文章が間違っているか分かりますか?なぜなら完全な文章が二つあるのに、このSerbiaで終わる文章の後にコンマが付いているからです。正しい文章は以下のようになります。

正:America has made peace with Serbia. Britain is expected to do the same.
アメリカはセルビアと和解し平和になった。イギリスも同じことをすると期待された。

僕は完全な文章というフレーズを使いましたが、具体的に英語の完全な文章とは、主語と動詞があるものを指します。上の文章ではAmericaが主語で、make peaceが動詞です。それに続いてる文章では、Britainが主語で、expectが動詞です。
しかし、ピリオドの代わりに接続詞とカンマを使うことも出来ます。以下の文章を見て下さい。 

正:America has made peace with Serbia, and Britain is expected to do the same.
アメリカはセルビアと和解し平和になり、イギリスも同じことをすると期待された。

つまり、完全な文章が二つある場合は、カンマだけではなくandなどの接続詞を使わないといけません。しかし、完全な文章が三つ以上の場合、andなどの接続詞は一度だけ使われます。

正:America made peace with Serbia, Britain made peace with France, Russia made peace with Japan, and Spain made peace with Portugal.
アメリカはセルビアと和解し、イギリスはフランスと和解し、ロシアは日本と和解し、スペインはポルトガルと和解し平和になった。

上の文章は四つの完成した文章が並んでいますが、三つ以上の関係がある完成した文章が並ぶ場合は、よく以下のようなパータンになります。
文章A +カンマ+文章B+カンマ+文章C+カンマ+接続詞+文章D+ピリオド
つまり、最後の文章の前にandのような接続詞が付きます。

ピリオドとカンマの違いの概要

完成した文章の後、ピリオドを使います。
二つの完成した文章を繋げたい場合、接続詞のandとカンマを使います。
三つ以上の完成した文章が並んでいる場合は、一定のパータンを使います。

この記事がためになったら、是非皆にシェアしてあげてね。

1 個のコメント

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    ABOUTこの記事をかいた人

    こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。