2012年9月

WTFの意味とは、WTFというネット用語の三つの使い方

WTFは「what the fuck」の略で、「何だこれ!」というニュアンスになり、ネットやメールでよく使われています。しかし単純に何かを見て驚いているという訳ではなく、状況によってWTFのニュアンスは変わってきます。 WTFは主に三つの状況で使う事が出来ます。それは、混乱した時、怒った時、同情する時です。

英語での日付の表記 また、イギリス、アメリカ、日本、カナダなど異なる日付の表記の仕方

英語で日付を表記するのはとてもややこしいと思います。なぜなら、国によって日付の順番が変わってくるからです。皆さんも知っているように、日本では日付を年→月→日という順で表記しますね。しかしアメリカでは、月→日→年という順になり、イギリスでは日→月→年という順になります。例えば、2012年10月1日という日付は、以下のようになります。

「da」の意味、「the」の代わりに使われているスラング

たまに、「the」の代わりに「da」と発音する人がいます。たとえば、「in da house」、「da man」、「da bomb」などの英語の場合です。「da」を使う理由は沢山あります。まず、「th」を発音するのは難しいので、「th」を発音できない子供はたまに「da」と言います。また、ジャマイカの英語、アイルランド英語、黒人英語では、「th」を「da」として発音する特徴があるので、よく使われています。最後に、格好良いと思ってわざと「the」を「da」と言う人もいます。  「da」を使うのは主に話す場合ですが、たまにメールやチャットなどで使う人もいます。

beltwayの意味とは アメリカの選挙期間によく耳にするフレーズ

僕はワシントンDCに引っ越したばかりの頃、「inside the Beltway」というフレーズを何度か耳にしたのですが、最初の数日は意味が分かりませんでした。例えば、ラジオでキャスターが「traffic is very heavy inside the Beltway this morning」と言っているのを聞いたり、ワシントンDCの朝のニュース番組が「The Beltway」という番組名だったりもしました。

ROFLの意味、インターネットでの略語と日常会話での動詞の使い分け

ROFLとはrolling on the floor laughingの略語で、床の上を笑いながら転げ回るという意味になります。実際に床で笑い転げる人は稀だと思いますが、恥ずかしながら僕は子供の頃、Mr. Beanを観ながら本当にROFLをしていた気がします。ほとんどの場合ROFLは比喩的で、大爆笑という意味で使われています。メールやチャットでROFLは以下のように使います。

「viva」の意味、「Viva La Vida」に出てくる「viva」はどういうふうに使われているのでしょうか

「viva」という単語はイタリア語とスペイン語ですが、英語でも「viva」を使います。「viva」の本来の意味は「生きる」ですが、使い方としては「万歳」に似ています。「viva」はよく王や独裁者などに言います。これらの人がスピーチをする場では、たまに「viva」と叫ばれます。たとえば、