2012年8月

man caveの意味、アメリカによくある男性だけでくつろぐ部屋

最近、アメリカではman caveというスラングをよく耳にします。「a man cave」とは、男性が好きなインテリアが飾られた、男性だけでくつろぐ部屋のことを指します。典型的なman caveには、ビリヤード台、プライベートのバー、ロックのポスターがあります。man caveがある男性は男友達を誘い、一緒にman caveでビールを飲みながらスポーツ観戦などをします。

bitterの意味と苦いについての英語、bitterは必ずしも苦いという意味にはなりません

通常、「苦い」を英語に訳す時には、「bitter」になります。しかし、苦い経験や他の抽象的なフレーズでは、bitterが必ずしも一番適切な訳になるわけではありません。 まず、味についての話をみてみましょう。たとえば、苦いビールを飲んだ時には、以下のような英語が適切です。

nitpickingの意味と使い方、シラミの卵取りに由来する英語

本来、nitpickingとは人の頭からシラミの卵を取るという意味になりますが、現在はつまらぬあら探しをするという意味で使われています。シラミの卵はとても小さく髪の毛に強くくっ付いているので、nitpickingをする時には髪の毛を一本一本見て、爪で卵を取らなければなりません。nitpickingには細心の注意が必要なので、現在の英語では、人の態度や行動などに対して細かい問題点を探し、それを批判するという意味になります。これは日本語でいう、重箱の隅をつつくという表現に当てはまるでしょう。

「do」という英語の動詞で、複雑な動詞の代わりに使います

英語のネイティブにとっては複雑な動詞より、簡単で短い「do」はより使いやすいです。たとえば、インフォーマルな英語では「arrange your hair」より「do your hair」のほうがよく使います。また、「tidy up the garden」より「do the garden」のほうが言いやすいです。しかし、「do」を使いすぎると、相手に内容が伝わり辛くなります。このインフォーマルな英語は、日本語の「する」と「やる」の使い方に似ているでしょう。

flying startと和製英語のフライングの異なる意味

今年のロンドンオリンピックをテレビで観ていたら、「フライング」という言葉をよく耳にしました。日本で皆さんが普段使っている「フライング」は「フライング・スタート」の略で、合図の号砲が鳴る前にスタートをする、つまり不正スタートを意味しますね。しかし英語での「flying start」は、「助走スタート」という意味になります。 「flying start」の本来の意味が「飛ぶようなスタート」だとすると、なぜ「flying start」が「助走スタート」を意味するのかが分かるでしょう。

pop, soda, cokeやfizzy drinks — 炭酸飲料のスラング

炭酸飲料を表すスラングは地域によって大分異なります。Soft drinkやcarbonated drinkが一般的な英語ですが、普段の会話ではより砕けた英語が使われています。イギリスでは、fizzy drinkという言葉をよく耳にします。プシューという泡立つ音は英語でfizzなので、炭酸飲料の蓋を開ける時に聞こえるこの音に因んでfizzy drinkと呼ばれているのです。