ほくろは英語でなんというのでしょうか、「mole」と「beauty spot」の違い

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

ほくろは英語でなんというでしょうか、またなぜ口のそばにあるほくろは「beauty spot」と呼ばれているのでしょうか

英語では「ほくろ」は通常、「mole」といいます。たとえば、

I have two moles on my forehead.
僕の額に二つのほくろがあるよ。

I think I just got a new mole on my arm.
最近新しいほくろが出来たみたい。


そして、唇のそばにあるほくろはよく「beauty spot」と呼ばれています。このほくろはよく綺麗だと思われているからです。実際18世紀には、偽物のほくろを口の上に付けるファションがとても流行っていました。ハート形のほくろもありました。20世紀では、マリリンモンローやシンディクローファードという有名なモデルの「beauty spot」が有名でした。これをアメリカ英語では、「beauty mark」とよく言います。「beauty spot」はイギリス英語です。
ちなに、「ほくろ」を和英辞書で調べると、「melanocytic nervus」がでてくるのですが、これは医学用語なので、医者じゃないネイティブにこの言葉を使ってもきっと通じないでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。