「different from」、「different to」、「different than」 - 意味の違いと国の違い

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

「different」という「違う」を意味する英単語を使う時には、どの前置詞を使えば良いのか迷ってしまう方は多くいると思います。「different」を使う時には、三つの前置詞の選択肢があります。それは、「different from」、「different to」、「different than」です。多くの辞書や文法の本によると、これらの言葉の意味とニュアンスはほとんど変わりません。

しかし、「different that」か「different to」は正しくないと思っているネイティブもいます。「The Elements of Style」という有名な英文法の本には、「different from」だけを使いましょうというアドバイスが書いてあります。一方、「The Oxford English Dictionary」には、全部の前置詞を使っても良いと書いてあります。なので、「from」、「to」、「than」は全部文法的に正しいと思っている英語のネイティブが多くても、「different from」が一番無難な選択肢ですね。
国によって「different from」、「different to」、「different than」が使われている頻度は大分異なります。

from to than
イギリス 書く時 87.6 10.8 1.5
話す時 68.8 27.3 3.9
アメリカ 書く時 92.7 0.3 7.0
話す時 69.3 0.6 30.1

    
オーストラリアやニュージーランドなどではイギリスの使い方と似ています。イギリスでは、「different from」と「different to」が使われています。アメリカでは、「different from」と「different than」が使われています。そのため、アメリカ人は「different to」と聞くと、違和感を感じるでしょう。一方で、イギリス人は「different than」と聞くと、違和感を感じます。どこの国が何の前置詞をよく使うのかを覚えるのは大変だと思うので、やはり「different from」が一番使いやすいですね。

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

7 件のコメント

  • Dear, Luke
    Hi. Nice to meet you.
    Your site is very nice for me.
    Because, I have many not clear points in English, especially grammer.
    I’m very appreciative of what you make this site.
    And
    I am surprised for you’re Pretty young to make a this site,
    that is servant to many people.
    Your site and your discription is easy-understand for me.
    I bookmarked your site.
    I’m a new beginner for English conversation.
    So, my English is full of mistake but forgive me 🙂
    Thanks a lot.

  • こんにちは。突然で失礼しますが、お伺いさせていただきたい表現があります。
    ネイティブの方からのメールの最後に、Lol Night:) Speak soon. とありました。
    これは、「楽しい夜を、またね」という解釈で合っていますでしょうか。Lol は(笑)という意味だと思っていたので、一瞬、私の送ったメールが笑われているのかと思ってしまいました。
    よろしくお願いいたします。

  • Luke,
    Just came across your site when I was browsing the web.
    Used to live in the states for a while but my English is getting kind of iffy these days.
    Your site helps alot to remember words and phrases that I used to use without thinking twice.
    Looking forward to more updates.
    Thanks!

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *