2012年4月4日

「spam」の意味と使い方、なぜ迷惑メールは「spam」と呼ばれているのでしょうか。

「spam」は通常スパムという缶詰の肉を示しますが、なぜ「spam」はスパムメールというふうに使われるようになったのでしょうか。第二次世界大戦後、日本やドイツと同様にイギリスの経済も急降下しました。その時代、イギリス人には、値段が高い肉を買うのは難しかったので、アメリカから沢山のスパムを輸入しました。沖縄やハワイなどではスパムは美味しいものとして考えられている一方、イギリスでスパムはまずい食べ物で、スパムを食べる理由は加工していない肉に手が届かなったからです。しかし、第二次世界対戦後、お金がないイギリスには輸入したスパムが山ほどありました。そのため、モンティ・パイソンというコメディーでは、スパムについてのコントを作りました。このコントでは沢山のスパムを売っているレストランがあります。そして、コントの途中で、「Spam! Spam! Spam!」という曲を皆が歌い、迷惑をかけます。