サングラスを意味する英語のスラング

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

去年の夏、東京を歩いている時に、日本人男性はあまりサングラスをかけない事に気づきました。もちろん、サングラスをかけている人もいますが、イギリス人やアメリカ人ほどかけている人がいませんでした。イギリスの中学校や高校では、サングラスは「cool」の代表のひとつです。中学校の同級生はみんなどうしてもサングラスをかけたくて、イギリスはよく曇っているのに、毎日サングラスをかけていました。日本人女性の間では数年前から、海外セレブの影響で大きなレンズのサングラスが流行っているそうですね。

サングラスがとても好きなイギリス人とアメリカ人にはいろいろな面白いサングラスについての言葉があります。まず、基本的な英語をみてみましょう。サングラスは「sunglasses」です。その「es」を、英語を話す日本人はよく付け忘れます。「sunglasses」は1つの物だけど、付複数の言葉として用いられています。なぜなら、サングラスには2つのレンズがあるからです。そして「sunglasses」を使う時には、動詞に注意して下さい。

誤 My sunglasses is broken.
正 My sunglasses are broken.
僕のサングラスが壊れた。

次に、サングラスを意味するスラングをみてみましょう。「sunglasses」と同様に、サングラスのスラングも複数形になりますね。

Aviators 「aviators」はパイロットという意味になりますが、パイロットはこのサングラスをよくかけるので、写真に写っている形のサングラスは「aviators」と呼ばれています。
あと、Shadesという英語もよく聞きます。実際、アメリカ人の若者はsunglassesよりshadesとよく言います。

Those are some awesome shades.
あのサングラスはめちゃくちゃかっこいいね。

spekkiesやsunniesはオーストラリア人がよく使う、サングラスを意味するスラングです。

cooling glasses は南インドの英語のスラングです。

最後に、「dark glasses」というフレーズもよく耳にしますが、これはスラングではなく「色眼鏡」のように、サングラスを意味する別の言葉です。

He put on a pair of dark glasses.
彼はサングラスをかけた。

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

1 個のコメント

  • いつも有難うございます。サングラスは色の濃いものよりも、薄いもののほうが目によいということ知ってましたか?ここ数年日本で言われていることです。日本では最近薄い色のサングラスをよくみるでしょう?まあ、UVの数値を見られるのがいいかと思いますが。

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *