「as well as」の意味と使い方、「and」と「as well as」の違い

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

「as well as」は「and」という意味になりますが、ネイティブは何かを強調したい時に使います。たとえば、以下の二つの文を見て下さい。

He is intelligent and handsome.
彼は頭がよくてハンサムです。

He is intelligent as well as handsome.
彼はハンサムな上に頭がよいです。

「and」を使うと、「intelligent」と「handsome」だけを伝えて、特に何も強調しませんが、「as well as」を使うと、彼はすばらしいというニュンスがあります。つまり、最初はその男性はハンサムだけだと思ったが、より深く知ったら、その人は賢いと分かりましたということです。ですので、「as well as」でその二つの特徴を持つのはすばらしいということを強調します。そのため、「as well as」は日本語の「だけではなく」、「のみならず」、「はもちろん」というフレーズに近いです。「as well as」は以下の語順で使います。

。。。A + as well as + B 。。。

注意するポイントは、「as well as」でAに重点を置いています。

She can speak Spanish as well as French.
彼女はフランス語も話せる上に、スペイン語も話せます。

My friend has been to India as well as Japan.
友達は日本にもインドにも行ったことがある。

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

2 件のコメント

  • こんにちは。LUKEさんの説明はニュアンスの違いがとても分かりやすくて、なるほど!と思い、英語学習しています。ネイティブの人が良く使う、as well について質問です。besidesとの使い方の違いも教えてください。サイトでの解説楽しみにしています。

  • Lukeさんのおかげで、気になっていたモヤモヤがたくさん解消されて、スムーズに勉強することが出来てます!
    これからも応援しています!

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *