2012年2月

「I need you」の意味は、状況にしたがった使い方で変わってくる

英語を学んでいる方にとっては、「I need you」というフレーズは少し分かりにくいと思います。状況によって、「I need you」の意味が変わってきます。恋愛関係においては、「I need you」は「あなたは私に必要だ。」や「あなたの存在は私の心を支えている」という意味になります。友達の間では、「I rely on you」に似ていて、「あなたに頼っている」という意味になります。最後に、職場では、「I need you」は、「あなたはこの仕事に必要だ」という意味です。この場合、「I need you」より「we need you」というフレーズはもっと使われています。

「old school」の意味と使い方、古いけどまだ魅力的な曲、映画などに対して使う形容詞のフレーズ

「old school」は最近の物ではなく昔の物という意味です。たとえば、「old school hiphop」は昔のヒップホップです。「old school」は通常褒め言葉として使われて、「古いけどまだ魅力的」というニュアンスです。そのため、「old school」は「最高」という使い方に近いです。「old school」はよく曲、バンド、映画などに対して使います。

「We Will Rock You」の意味と使い方、ロックな気持ちにさせる時に使うフレーズ

「We Will Rock You」はクイーンというバンドの名曲の一つです。イギリスやアメリカでは、この曲はよくスポーツの試合で流れています。この曲を聞くとすぐに、皆は気合いが入るからだと思います。会話での「rock you」という他動詞は、「感動する」や「動揺する」という意味になります。たとえば、

「rock on」の意味と使い方、ロック音楽が好きな人の挨拶、別れの挨拶、褒め言葉

「rock on」は挨拶、別れの挨拶、褒め言葉として使われています。「rock on」はロック音楽が好きな「rockers」の間で使われているフレーズでした。本来の意味は「keep rocking ー 「ロックなことを続けてね」です。現在、「rock on」はアメリカ人やイギリスでは一般に使っています。 挨拶の「rock on」は「rock on」の手振りと一緒によくします。この手振りは写真にある手振りです。挨拶の「rock on」は「hello」や「hi」の意味とそれほど変わりません。

「fashionista」の意味と使い方、ファッションが大好きな女性に対して使われているスラング

ファッションのトレンドに興味があって、とても外見を気にする女性はたまに「fashionista」と呼ばれています。イメージとしては、「Sex in the City」の主人公の「Carrie」です。「fashionista」は「fashion」とイタリア語の「ista」の組み合わせに由来します。たまに、ファッションの流行を作り出す女性も「fashionista」と呼ばれています。

最上級の「in」と「of」の使い方、形容詞の最上級を使う時には、何の前置詞を使えばよいのでしょうか?

形容詞の最上級を書く時には、「in」や「of」という前置詞があるフレーズをよく付けます。たとえば、ネイティブは最上級を使った時には、「in the world」と「of my life」というフレーズをよく付けます。しかし、「in」か「of」どちらの前置詞がよいのかを決めるのは難しいと思います。 時間に関する最上級の表現の場合、「of」を使います。たとえば、「of the week」、「of the day」、「of the year」、「of my life」、「of your life」です。