2011年9月

イギリス人が嫌いなアメリカ英単語

今日イギリスの新聞を読んでいた時、「Say no to the get-go! Americanisms swamping English, so wake up and smell the coffee」という記事が目につきました。記事の中に、イギリス人はアメリカ英語を使いすぎて、イギリス英語の特徴がなくなっていると書いてありました。また、イギリス人は意味を理解せずにアメリカ文化に基づいているアメリカ英語の表現を使ってしまいます。例えば、野球が分からないイギリス人の政治家は「step up to the plate」という表現をよく使います。「step up to the plate」は野球では打席に入るという意味ですが、日常の会話では「物事を取り組むために進む」という意味で使われています。記者さんが特に嫌いな「Americanisms」というアメリカ英語の表現や単語は以下に書いてあります。ちなみに、僕はアメリカ英語はイギリス英語を豊かにすると思います。

「かわいい」は英語でどういうでしょう?

「かわいい」は英語でどういうのでしょうか。実は、最近、漫画の影響で英語圏の国でも「kawaii」は使われるようになってきていますが、「kawaii」の意味が分からないネイティブは少なくはないでしょう。それでは、どんな英語が「可愛い」という意味に近いでしょうか。私が考える限りでは、以下の英単語があげられます。

「after that」の意味と使い方

From: http://ennokni.deviantart.com/ 英語圏のネイティブは友達と話をしている時に、「after that」というフレーズをよく使います。「after that」はいくつかの出来事を伝えたい時に、「after that」を使って、その出来事を時系列にまとめます。日本語の「それから」や「その後」の意味に似ているでしょう。「after that」は「afterwards」の意味にも似ていますが、より強く前後の文章を接続します。

「Who is this? 」、「Who are you?」、「Who is it?」の意味と違い

昨日、「Flash Forward」というテレビドラマを観ていたら、主人公が、会ったばかりの人に「who are you? 」と言い、五分後、知らない相手からかかってきた電話では「who is this?」と言っていました。英語を学んでいる人にとって、この二つの表現の使い分けは難しいだろうなと感じたので、今回説明してみようと思います。

八つ当たりは英語ではなんといいますか

喧嘩の時、「八つ当たり」という言葉はとても役に立つと思いますが、英語では何と言うのでしょうか。辞書によると、八つ当たりの意味は、「腹を立てて、関係のない人にまで当たり散らすこと」です。英語では、一つの言葉でこれほど微妙な意味を伝えることはできませんが、「take it out on」というフレーズが八つ当たりの意味に近いです。

「Aussies vs. Poms」イギリスとオーストラリアの競争を示す英単語

通常、オーストラリア人は「australians」と呼ばれていますが、イギリス人はよくオーストラリア人に「aussie」というあだ名を付けます。 一方で、イギリス人は「the English」と呼ばれていますが、オーストラリア人はイギリスに「poms」とか「pommy」というあだ名を付けます。それはなぜでしょうか?