2011年6月6日

「いくらなんでも」は英語でなんと言えばいいのでしょうか

いくらなんでもは英語でなんと言えばいいのでしょうか? まず、いくらなんでもについて考えましょう。いくらなんでもを使う時には、後ろに「ない」、「できない」や「すぎる」という言葉が続くケースが多いでしょう。 いくらなんでもの後に「ない」が続く場合は、 否定になります。この場合、強い否定をする時に使う「there is no way」という英語がぴったりです。