「no rain, no rainbow」というフレーズの意味

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

「no rain, no rainbow」というフレーズは「雨が降らなければ、虹は出ない」という意味になります。「no rain, no rainbow」は努力しないと、いい結果が出ないという考え方を表します。また、目的を遂げる前に苦しまないと行けないという考え方です。

(皆さんが英語の発音練習が出来るように、例文を読み上げて、録音しました。録音したファイルは以下にあります。)

I had to work so hard to achieve this.
Well, as they say, no rain no rainbow.
これを遂げるように、とても頑張ったよ。
よく言われるように、雨が降らなければ、虹は出ないよ。

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *