2011年5月4日

「good luck」の意味、また「good luck」の使い方を示す例文

日本人が「頑張れ」をよく使うと同じようにネイティブはよく「good luck」を使います。「good luck」にはいくつかの意味があります。サッカー試合では、選手に「good luck」と言ったら、「頑張れ!」という日本語に近いのですが、実際「あなたは勝つといいですね」という意味になります。同様に、ネイティブは「Good luck at your new job.」という時には「仕事で成功するといいね」という意味になります。ですから、「頑張れ」より「good luck」は効果を大事にすると思います。それは、日本の文化と英国圏の文化の違いを 反映すると思います。以下に「good luck」を使う例文があります。

「for good」の意味と使い方、また「for good」から始まるフレーズ 

「for good」というフレーズの意味はなんのでしょうか?「for good」は「永遠に」や「これを最後に」という意味になります。例えば、「he’s gone for good」というフレーズは「彼が一生戻ってこない」という意味です。カープルも「for good」をよく使います。「I think that it is best if we break up for good. 」と言ったら、「一生別れたほうがいいでしょう。」という意味になります。

「pretty good」の意味、また「pretty good」の使い方を示す例文

「pretty good」は少々難しい言葉だと思います。「とてもいいですね」か「まあまあですね」と両方の意味になります。「pretty good」の言い方によって、相手は意味が分かります。明るそうに「pretty good」と言われたら、相手がとても元気です。だるそうに「pretty good」と言われたら、相手がそれほど元気じゃないです。なぜなれば、「pretty」は二つの働きをするからです。たまに、「とても」や「very」という働きをします。たまに「まあまあ」という働きをします。もちろん、この場合は、「pretty」には奇麗に全く関係がありません。以下に「 pretty good」を使う例文があります。

フレーズ

「sounds good」の意味、また「sounds good」の使い方を示す例文

「sounds good」はとてもネイティブっぽい表現です。僕は日本人がもっとこの表現を使ったらいいねと思います。「sounds good」は「いいね」という意味になります。「good」と「sounds good」の意味があまり変わらないのですが、「sounds good」は相手に答える時に使う表現です。つまり、「あなたが言ったことを聞いて、私も賛成しますよ」というような意味が含まれています。そのため、「sounds」という動詞が使われています。以下に「sounds good」を使う例文があります。

「right away」の意味、また「right away」の使い方を示す例文

「right away」という表現は「今すぐ」という意味になります。よく丁寧な言葉として使われています。例えば、昔はイギリスの執事は、「right away, sir」と言いました。それは、日本語の「かしこまりました」に近いです。それから、命令をする時にも「right away」を使います。例えば、「please何々right away」という命令をよく耳にします。以下に「right away」を使う例文があります。