2011年5月2日

「and so on」の意味、また「and so on」の使い方を示す例文

「and so on」というフレーズは「など」という意味になります。 多くの場合、話者は沢山のことをリストする時に使います。例えば、「For breakfast, I had bacon, eggs, toast and so on. 」「朝ご飯にベーコン、卵やトーストなどを食べた。」です。 「and so on」はフォマルなフレーズですので、喋っている時には、「and so on」はそれほど使われていません。代わりに、「and stuff like that」や「and things like that」というくだけた英語をよく耳にします。 英語を書く時には、「など」と「and so on」はいくつかの微妙な違いがあります。それについて読みたい方は、次の東京大学にある教授が書いた記事が役に立つと思います。http://www.s.u-tokyo.ac.jp/ken/eng/09.html 以下に「and so on」を使う例文があります。

「how come」の意味、また「how come」の使い方を示す例文

「how come」は「どうして?」や「なぜ」という意味になります。「how come」は「why」とほぼ同じ意味ですが、「why」よりもう少しくだけた感じです。実は、「how come」は「how did it come about that」を略して、19世紀から使うようになりました。 「how come」の使い方が少々難しいです。「why」を使う時に続く語句の順番は疑問文です。例えば、「why are you eating my cake? – なぜ俺のケーキを食べているの?」。でも「how come」を使う時は疑問文なのに疑問文の順番を使いません。例えば、「how come you are eating my cake?」と言います。違いが見えますか? 「you are」の順番が逆です。「how come」はとてもネイティブっぽいフレーズなので、よく使って下さい。しかし、「how come」を使う時に言葉の順番に気を付けて下さい。以下に「how come」を使う例文があります。

「come to」の意味、また「come to」の使い方を示す例文

基本的に「come to」は「ある場所に来る」という意味になります。例えば、友達はうちに来る時に、僕は「He’ll be coming to my house soon.」と言えます。 また、「come to」は「なる」や「達する」という意味があるフレーズでよく使われています。例えば、「映画はクライマックスに達した」は英語で「The movie came to a climax.」になります。以下に「come to」を使う例文があります。

「welcome」の意味、また「welcome」の使い方を示す例文

「welcome」は「ようこそ」や「歓迎する」という意味になります。お客様が自分の家を訪問する時や外国人の友達が来日する時には、「welcome」という英語表現が言えます。しかし、「welcome」はフレーズの一部分としても使えます。例えば、「we would welcome 何々」というフレーズはよく使われています。「we would welcome」は丁寧な言い方で、会社の意見を表すためによく使われています。以下に「welcome」や「we would welcome」を使う例文と訳をいくつか書きます。

「easy come easy go」の意味、また「easy come easy go」の使い方を示す例文

「easy come easy go」は英語の諺で、「クイーン」というバンドの「ボヘミアン・ラプソディ」という曲に出てきます。日本語の「得やすいものは失いやすい」というフレーズが「easy come easy go」に似ていると思います。 日常会話では、誰かが得やすい物を無くしたら、「easy come easy go」という人が多くいます。つまり、「easy come, easy go」は相手を慰める言葉です。 以下に「easy come easy go」を使う例文があります。

「come out」の意味、また「come out」の使い方を示す例文

基本的に「come out」は「出てくる」という意味になります。例えば、誰かが木の陰から現れる時に「he came out from behind a tree」と言います。葉が出る時や花が咲く時にも「come out」が使われています。最近、「come out」はゲイであることを公言するという意味になります。また、しみが抜ける時にも「come out」を使います。でも、これらの例文についてよく考えると、基本的に「come out」はいつも「出てくる」という意味になるでしょう。以下に他の例文もあります。

「the time has come 」の意味、また「the time has come」の使い方を示す例文

「the time has come」というフレーズは「時が来た」という意味になります。例えば、ネイティブが「the time has come for to say goodbye」という時には、「お別れを言わなければならないときが来た」という意味になります。日本人は「the time has come」というフレーズを使う時には、よく定冠詞を忘れますが、「the time」と言わないといけないです。たまに、「the time has come」だけが使われています。その時には、「潮時だ」という意味になります。以下に「the time has come」を使う例文を書きました。

「come on」の意味、また「come on」の使い方を示す例文

「come on」という英語表現には沢山の意味があります。「行こう、急ごう、さあ来い、頑張れ!」という働きをして使われています。例えば、イライラして急いでいるネイティブがよく「come on!」と友達に言います。その一方で、サッカー試合を観ているネイティブはよく好きなチームに「Come on!」と叫びます。この場合、 「頑張れ!」という意味になります。やはり、「come on」は状況によって、意味が本当に変わってきます。

「come true」の意味と使い方、また「a dream come true」や「a wish come true」というフレーズの意味

「 come true」の意味:「 実現する」 「come true」というフレーズは「実現する」や「本当になる」という意味になります。多くの場合、「come true」は「dreams」、「a dream」、「a wish」と一緒に使われています。その時は「a dream come true」は「夢がかなった」という意味になります。「a wish come true」は「お願いことがかなった」という意味になります。以下に「come true」を使った例文を書きました。