2011年3月9日

「a」か「an」を判断するネイティブのコツ また、「a」と「an」の使い分け

「a」を使うのか、「an」を使うのか、どのように判断するのでしょうか。「a, e, i, o, u」という母音字で判断する方が多いのですが、実際、これは間違いてす。正しい方法は 発音で判断します。つまり、英単語が母音から始まる場合に、「an」を使うわけですが、英単語が「子音」から始まる場合は、「a」を使います。

「万歳」は英語でなんと言うでしょう? それと、「hooray」という英語の間投詞はどんな意味で、どう使うのでしょうか?

「hooray」という間投詞を耳にすると、僕は昔のイギリスの宴会を思い浮かべます。昔の上級階級のイギリス人はお酒を飲む前に、女王様の油絵に顔を向け、グラスを上げ、「hooray」と叫びました。「hooray」は「万歳」という意味になって、古風な言葉とはいえ、現在でも使われます。「hooray」にはいくつかのスペルと言い方があります。「hoorah」「hurrah」「hurray」も正しい綴りです。宴会以外、試合でも「hooray」をよく耳にします。イギリスがクリケットでオーストラリアに勝ち、ロンドンでパレードが行われた時、観衆の上げる数えきれないぐらいの「hooray」という叫び声を耳にしました。やはり、イギリス人にとっては、「hooray」という間投詞は喜びという感情と深く結びついている言葉です。